いきなり大都会・ロサンゼルスに引っ越してきた田舎者主婦・わにのトホホ日記


by shiro_wani
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

救世軍 銀輪鳴らして 寄付募る(わにの心の俳句)

 風邪を引いたらしくて、咽喉がいがらっぽい…って、この「いがらっぽい」って言葉、本当に良く言い表していて絶妙だなぁ。ほんと、「いがらっぽい~」って、感じするもん。もう一つ、私がいつも感心するのは、「obnoxious」という単語。ムカつく、って意味で、「ア」に近い「オ」で、オブナァクシャスって発音するんだけど、この発音といい、字面といい、如何にも「ムカつくぜ!」って感じが、ひしひしと伝わってくるような気がしません?

ともあれ…

 前日の日記に頂いたコメントで、サンクスギビングまで、実はあと一週間だったと知って、ショックを受けている、わにです。教えてくださって有難うm(__)m
 いやー、ブログも書くもんだねぇ。ここで指摘されなきゃ、当日になるまで気付かなかったかも(をいをい)。道理で昨日、スーパーに行ったとき、冷凍七面鳥肉が沢山売ってたはずだ。気の早いことだ、なんて思っていたのですが、自分が大ボケだったのね。

感謝祭前の恒例行事の一つは、「Food Drive」という、寄付用の食料品集めで、アメリカの学校では、何処でも盛んです。テキサスの小学校では、集めた食料品は、ホームレスセンターに寄付され、コロラドの小学校では、近くのインディアン居留地に送られました。ここでも矢張りホームレスセンターに寄付されるらしいですが、食料品だけではなく、紙おむつや、スーパーのギフトカードなどの寄付も募っているのが、目新しいところです。なるほど、紙おむつは需要が大きそう。

 感謝祭が終わると、サンタの扮装をした人が街角でチリンチリンと鈴を鳴らす、救世軍の寄付金募集が始まります。これは、アメリカの年末における風物詩です。この鈴の音に、クリスマスまでのカウントダウンに焦りまくるのが、アメリカの生活。12月は、何処の国でも忙しい…
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-15 01:59 | わにの一日