いきなり大都会・ロサンゼルスに引っ越してきた田舎者主婦・わにのトホホ日記


by shiro_wani
カレンダー

2007年 11月 02日 ( 1 )

 4年生の若息子の小学校のコンピューター・クラスのお手伝いに行きました。これで、小学校3校目w 最初のテキサスの小学校は、DELL本社の側という場所のせいで、毎年最新のマシンが寄付される恵まれた環境。父兄にもDELLのエンジニアが多くて、ボランティアのレベルが異様に高かったのも、お土地柄。子供達の使ってるデスクトップの「わたくしが開発責任者でございます」なお父さんがいたりするんだもん。ちょっとした不調は、放課後にお父さんが、ちょいちょいと直してくれます。

 二校目のコロラドでは、型遅れDELLが、図書館の一角に並んでいました。コンピューターの管理は、司書さんが兼業していましたが、先生の中にも詳しい人がおられ、チームを組んでいました。テキサスに比べれば、ずいぶんとショボい感はありましたが、それは仕方ない。

 そして、ここカリフォルニアの小学校のコンピューター室には、iMacがずらり。先日の日記で、私が卒倒した寄付金目標10万ドルの使い道の一つは、新しいコンピューターの購入だったけど、マックじゃなくて、安めのPCにしたら、少し節約になりませんでしょうか、と、小声でこっそり言いたい私でございました。で、専任のコンピュータークラス責任者が常駐してるんだけど、小学生がそんなに込み入ったプログラムを使うとも思えないし、父兄のボランティアで賄えないのかしら?

 今日は、読解力の問題を解くお手伝いでした。全てインターネット上に設定されているので、規定のサイトにアクセスし、各自が自分のアカウントから問題集に挑みます。画面上に文章が現われ、それに関する質問に答えるという形ですが、4択から答えを選んでクリックすると、正解か間違いかが、画面に出てくるという・・・はっきり言って、わざわざコンピューター使わなくてもいいんじゃね?って気のするプログラムだった。

 上息子が4年生のときも、PCクラスを手伝ったけど、タイピング練習のプログラムや、レポートの清書、インターネットを使ってのリサーチでした。その頃、二年生だった若息子のPCクラスも、同様にリサーチやタイプの練習、それに、算数ゲーム。所変われば、パソコンの使い方も様々、ってことなのかしらね?
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-02 19:41 | 学校