いきなり大都会・ロサンゼルスに引っ越してきた田舎者主婦・わにのトホホ日記


by shiro_wani
カレンダー

カテゴリ:犬たちと猫( 5 )

2007年、最後の彷徨

 日本じゃとっくに新年を迎えましたが、LAはあと3時間ほど2007年です。とうとう汚家のまま、2008年になってしまいそうですが、ワイン飲んだらいい気分になっちゃったんで、もう掃除する気なんか、限りなくゼロに近いマイナスです。けけけ…(←酔っ払っているらしい)

 ところで、うちの猫は飼い主に似たらしく飲兵衛で、私のワイングラスに舌を突っ込みに来ます。いくら溺愛しているとはいえ、猫とグラスの共有ならびに間接キスは嫌だし、猫に酒が良いとも思えないので、こちらも必死に応戦しますが、彼女もかなり真剣です。ちなみに彼女は、私の好きなピノ・グリージョよりかは、甘めのリーズリングの方が好きなようです。猫なのに、味判るの??匂いなのかなぁ???

 こんな私たちですが、来年もどうかご愛顧のほどを…m(__)m

そこで、またか!?!で、何とも申し訳ないのですが、新年より、新しいプロバイダーに引越しいたします。新アドレスは:ここです。

 度々申し訳ございませんが、ここはスクリプトが使えないことや、メンテが多いこと、他にもう一つ、ここでブログ(映画日記)を持っていること、などの諸事情で、またしても引っ越すことにしました。いまどき、動画がアップできないのも、つまんないんだもん。

 新アドレスでも、どうかよろしくお願いいたします。


わに拝
[PR]
by shiro_wani | 2007-12-31 21:32 | 犬たちと猫

クリスマスに海!

 クリスマスです。朝起きて、ツリーの下のプレゼントを開け、遠くに居る家族に電話したり、特別なランチを頂きます。一番の早起きは、わに夫でした。やっぱり、クリスマスには条件反射的に反応してしまうようです。ランチは昨日の残りのハム。ごめん(笑)。今日も、とってもいい天気です。この数日、LAは快晴プラス強風でスモッグが吹き飛ばされたか、真っ青な空。こんな日は、ビーチに行くしかないでしょう!と、いうのが、わに家のモットー。今日はいつものサンタモニカ・ビーチではなく、少し遠出して、うちからは一時間弱のマリブへ。海沿いに沿って走る、風光明媚なルート1を北上します。山側には、秋の火事の跡が、所々に見られます。怖いなぁ…

 行き先は、レオ・カリージョ州立海岸。ここは、犬を連れて行けるビーチなのだ!ショッピングモールに犬を連れた買い物客が居たりして、「まじ?」なLAだけど、犬OKの海岸は、案外少ないのだな。ここの他には、ずーっと南に下がって、ハンティングトン・ビーチにドッグランがあるだけ。ここにも是非行ってみたい。

 海岸では、リードを着けなければならないのだけど、クリスマス…というか、オフシーズンでライフガードも居ないのをいことに、自由に走り回る犬達が。うちもまず、呼べば必ず帰ってくるチョコチップを放してみる。
f0149869_3513830.jpg


  早速、仲間を見つけて、夕陽に向かって波際ダッシュと、青春ドラマをする犬達。
f0149869_3532775.jpg


  オレも、オレも、と騒ぐサイモンも放してやることに。風が強いので、波が凄いことになってます。
f0149869_3542620.jpg
 

  強風の中、流砂に打ち付けられ、いて!いて!と、騒ぎながら、二時間ほど遊びました。
f0149869_355336.jpg


 水は冷たいし、砂は痛いけど、冬の海もいいものです。犬達はすっかり満足して、帰りは後ろのコンパートメントで、ずっと寝ていました。夕食は、スロークッカーにポークをセットしていたつもり、だったのですが、スイッチ入れるの忘れてて(をいをい)、結局、またハムの残り。ごめん…
[PR]
by shiro_wani | 2007-12-25 22:44 | 犬たちと猫

もっと黒猫を!

「黒猫は縁起悪い」は迷信、イタリアで啓発イベント」

 イタリアでは17日、動物愛護団体が主体となって「黒猫の日」のイベントが開かれた。
 多くの国で汚名を着せられる黒猫だが、かつて「黒猫は悪魔の手先」などとされていたイタリアでは それが極端で、「黒猫は縁起が悪い」という迷信を信じる市民によって 黒猫の殺害が横行。当地の動物愛護団体AIDAAによると、同国内では昨年1年間に推定6万匹の黒猫が殺害されたという。
 AIDAAでは、17日、国内200カ所に情報センターを設置し、道行く人たちに 黒猫に関するチラシを配ったり、嘆願書への署名を募ったりした。同団体ではまた、愛猫家として知られるローマ法王ベネディクト16世あてに、支援を求める書簡を送ったという。
引用元:exite - 世界びっくりニュース (2007年11月19日 16時54分)

 中世の時代から、迷信のおかげでずっと迷惑こうむってきた黒猫、その災難は、未だ終わっていません。イタリアでは、年間6万匹が殺害というのもショッキングですが、ここアメリカにおいても、黒猫は貰い手が付きにくく、愛護団体やシェルターで売れ残っているのは黒い子ばかり。チップをテキサスのASPCAで引き取った後、同じシェルターの「子犬幼稚園」に数ヶ月通っていたのですが、他の子猫は直ぐに居なくなるのに、黒い子猫だけはいつまでも檻の中。出産シーズンが過ぎても、中途半端に大きくなった子猫たちの檻は、見事なまでに黒猫ばかりな状況を見て、自分が猫を飼う時には黒猫にしよう、と、思っていました。で、コロラドに引っ越して直ぐ、地元の愛護団体から譲ってもらったのが、うちのクロ。下の写真が、ご幼少のみぎり。
f0149869_842498.jpg
 子猫のころは、よく見ると、とても濃い茶色と黒の縞で、ブラックタビー風だったのですが、いつのまにか真っ黒け猫に。

 黒猫が前を横切ったら縁起が悪いといいますが、私なんぞは一日に何度も黒猫に前を横切られまくっておる。だが、急に前を走り去られて、バランスを崩しかける以外に、なにぞ災難が降りかかったこと無い!あとは、普通に歩いていたら、カーテンの影から、黒い前足がひょいと出てきて「ひゃっ!」と、飛び上がってしまう程度である。「こらー!」と怒ると、カーテンから、超得意な顔をして、黒猫が出てきたりする。夜中に、みゃーみゃー騒ぎ立てて眠れなかったり、ミルクの入ったコップをひっくり返したりという「災難」はあっても、我が家においては、ふかふかお腹を撫でる楽しみや、膝の上がぬくぬくな喜び等々、クロが運んできたのは、幸運だと思ってます。私は猫を飼うのが初めてなので、クロ以前は、猫の楽しみというのをしらなかったのだな。

 法王が猫好きというのは、強い味方です。黒猫を虐待するのは止めましょうと、黒猫抱いて出てきてくれたら、迷信の効力も、少しは弱まるかしらん?
f0149869_858034.jpg
いや…微妙かな…



f0149869_853494.jpg

[PR]
by shiro_wani | 2007-11-20 01:25 | 犬たちと猫

かぶりもの

今日は、復員記念日とやらで休校。全く、ここの学校は本当に授業時間が足りているんだろうかと、疑ってしまいます。お天気もいいのに、息子達はPCゲームばかりしたがるんで、なんとか他にすることを考える母。お友達に電話してみても、みんなサッカーやら、なんやら教室やらで忙しい。お金をかければ、ユニバーサルスタジオやら、SONYスタジオのツアーやら、手近に色々あるんだけど、この「お金をかけずに」ってのが、ネックです。SONYのツアーは一人$25、ユニバーサルは、年間パスを購入するにしても、初期費用がでかい!親子3人で、となると、結構な出費でございます。あひゃ~

 で、いきなり、さぁ、家を掃除するぞ!と、宣言して、思いっ切り息子に嫌われまくる母。引っ越してきて以来、2ヶ月半、未だに床に箱が置いてある状態なんだもの、狭い家が、一層狭いわい!整理してたら、息子が幼稚園の頃の、ハロウィーンの衣装なんかが出てきて、懐かしさに和む。
f0149869_9593735.jpg

バットマンが人気の年だったようです。

で、犬にかぶせてみました。
f0149869_101710100.jpg

嫌そうです。目つきが悪いです。かーちゃんなんか信用できね!と、でも言いたげです。

f0149869_10502739.jpg
 犬に嫌われたので、今度は猫にトライしてみました。ネットでよく見かける「被せもの猫」かわいいし… 被り物猫といえば、まず思いつくのは、ひこにゃんと、そのライバル、しまさこにゃんですな。現在、ひこにゃんの著作権を巡って、彦根市とイラストレーターの間で調整中だそうですが、せっかく人気も出たことだし、丸く収まって欲しいものです。
 ちょっと調べてみると、他にも、いしだみつにゃん、ひごにゃん、さばにゃんなどが居るそうで、私としては、黒猫で独眼流まさにゃんの登場を期待したい。何で黒猫かというと、自分の買っている猫が黒いので、黒猫が好きだから。でも、黒猫キャラクターはいないので、自家精製してみました。

パイレーツ・オブ・カリビにゃん
f0149869_1117450.jpg

おお、これはオモロイ!はまりそう…v(で、掃除はどうなったんだよ!?)
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-12 07:54 | 犬たちと猫

猫はミステリー

 今日は、ずっと曇り空で、小雨もパラつき、肌寒い一日でした。天気予報によると、明日からはまた、暖かくなるらしいのですが、年中小春日和みたいな気候に慣れてしまうと、ちょっと気温が下がっただけで、とっても寒く感じてしまいます。寒くなると、犬猫たちも人恋しさが増すらしく、特等席である、わに夫の膝の上を巡って、クロとサイモンの間で仁義なき戦いが始まります。
f0149869_14231338.jpg

 しかし、大概はサイモンがクロに追い出されるのだな。なにしろクロは、我家で一番の権勢を振るう猫姫様なのだ。

 猫にも、無口タイプとお喋りタイプがいるそうですが、クロは疑うことなきお喋り派。朝はまず「メシ食わせろ~!」と、にゃにゃーん攻撃、その後は、モーニングサービスを楽しむ野鳥の群れを捕まえたいと、裏庭へのガラス戸の前でにゃにゃ~!通りすがりには、必ず「にゃっ!」と声をかけていくし、時には、歩きながら小さな声で「にゃにゃにゃにゃ♪」とまるで歌うような調子のことも。私は猫と暮らすのは初めてなのですが、猫がこんなにお喋りだとは知りませんでした。飼い主に似たのかなぁ?我家のクロ姫様におかれましては、にゃ~お、にゃ~おと、何かを御所望のご様子なれど、不肖下僕には、姫様の御要望が何事か判断付きかねず、姫様は一層激しく「みゃみゃ~う!」と、何かをご訴えなさり続けるも、その御心を察することのない気の利かぬ下僕に業を煮やし、いきなりガブリエル!なんてことも。猫語、わかりません…(TT)

 その点、犬は判りやすいですな。外出たい、お腹すいた、散歩行きたい、撫でて、の4つで、十分事足ります。でも猫は、お腹も一杯なはずなのに、人の顔を見てみゃーみゃー大騒ぎ、ということが度々。クロ姫様、一体何をご所望か…
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-11 09:57 | 犬たちと猫