いきなり大都会・ロサンゼルスに引っ越してきた田舎者主婦・わにのトホホ日記


by shiro_wani
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:LA名所紹介( 3 )

 昨夜は強風で、夜中に停電になってアラーム装置がご乱心し、犬猫がコーフン。おかげでよく眠れなかった… 今日も朝から、どよ~んとした曇り空でしたが、負けずに息子達と一緒に、ジョージ・C・ページ、タールピッツ(タールの穴)博物館へ行きました。博物館周辺は、天然のタール(アスファルト)鉱で、今でも、タールがぶくぶくと湧き出ており、タールの沼で外気から遮断された遺骸が、大変に保存状態のよい骨格化石を作り出します。ここは、世界最多の氷河期の化石発掘現場でもあり、毎年夏の二ヶ月間には、今もなお発掘が行われています。今年だけでも、新たに2000近くの化石が掘り出されたという、正に化石の宝庫。それらの中でも特に注目に値するものを展示したのが、この博物館で、現在発掘中の、発掘穴91も見学できます。判り難いけど、右下とその左上、赤い枠の中に化石の一部が出ています。
f0149869_1358832.jpg


 博物館では、たまたまツアーが始まったところだったので、ちゃっかり便乗しました。フランス語訛りの学術員さんの後について、主な展示の説明を受けます。現存の種よりもずっと大きなラクダの化石を前に、実はラクダは北米起源で、アフリカ、アジアへ渡ったのが今のラクダ、南米へ渡った種がアルパカ、リャマになったとか、セイバータイガーは実は虎じゃなくて猫だとか。巨大なコロンビアン・マンモスの完全骨格化石は、実は牙だけはレプリカで、骨と違って象牙はタールの中では上手く保存されないんだって。では、この象牙レプリカは何処から来たかというと、テキサスの洞窟で発見された同種のマンモスの化石のコピーだとか。

 今までに発掘された化石の中でも、多いのは狼のもので、4000以上が出ているらしい。なにしろ群れの動物なので、リーダーがタール沼に突っ込むと、グループみんなが突っ込んじゃうそうな。あほ…人間の骨は今のところ9000年前の若い女性のものが一体出ただけ。でも、これからの発掘で、まだ出てくる可能性もあり?数多いLAの博物館の中ではマイナーだけど、思った以上に、充実した博物館でした。ところで、おたくなわに親子が氷河期といえば思い出すのは、映画「Iアイス・エイジ」です。
f0149869_14115661.jpg
 マンモスのマニー、セイバータイガー(実はセイバーキャットだけど)のディエゴ、ナマケモノのシドが、母親を失った人間の赤ん坊を父親に返そうとする、氷河期動物版スリーメン・アンド・ア・ベイビー。劇場に見に行ったとき、前に座ってた、いかにもその筋の男性三人組が、ラストでは涙していたわ(遠い目)。

 この映画では、お調子者だけど憎めない、ユニークな姿のシド、実は虎サイズのディエゴよりでかく、すげえ爪を持つゴツい生き物であったことが判明。全然かわいくない!今良く見直すと、確かにデカいわ、シド。骨格化石などから、その姿を再現した像と息子達を比べると、映画の中の赤ん坊が実は巨大だったことが暴かれました。昔は、何もかもが大きかったのね~(んな分けないだろ!)
f0149869_14411965.jpg


 隣接の、LA郡美術館のカフェでおやつして、ミュージアム・ショップのぞいて、家路へ。美術館の売店は、全国規模でお店を出してるメトロポリタンはじめ、すっごく素敵なオリジナル商品が豊富なのだけど、ここのは少しガッカリだったわ。私にアートの楽しさを教えてくださったMさんに送るための「Fear No Art」カンペン・バッジだけ買いました。駐車場へ向かう途中、芝生にタールが湧き出ているところを若息子が見つけ、早速指を突っ込んでみる。わーっ!!!

 手を拭くまでどこも触っちゃダメ!きゃー、車触るな!服触るな!とわめく母に、「タールはお酢で洗ったら取れるって、あの学術員さん言ってたよ」と、しらっと言うクールな上息子。そういう問題じゃ無いんだいっ!
[PR]
by shiro_wani | 2007-12-20 09:01 | LA名所紹介

グリフィス・パーク

 風邪引きました。昨夜は、小学校で「天文学の夜」たる、たいそう楽しげな催しがあったのですが、わに夫に任せて、私は早々に退散。校庭に設えた望遠鏡で月を見たり、宇宙がテーマの映画を見たり、望遠鏡を手作りしたり…と、色々と楽しかったようですが、生憎の曇り空で星は全く見えなかったそう。だいたい、ここの空は明るすぎて、星を見るには向いてないと思う。かわりに、ダウンタウンのビルの窓の中まで見えたよ!と、若息子は興奮気味でしたが、ええんか、それ?コロラドの学校で、こんなイベントをしたら、さぞや楽しかったでしょう。なにしろ、晴渡った新月の夜には、家のベランダから天の川が確認できたほどですから…

 今朝になっても、身体の節々が痛くて、体調は万全とは行きませんでしたが、今日は何が何でも出かけたい場所がある!それは、ハリウッドの北側丘陵に広がるグリフィス・パークで、今日は月に一度の、コンポスト販売日なのだ!グリフィス・パークは、市所有としては、アメリカ最大の広大な自然公園で、有名なハリウッド・サインも、この公園内にあります。そして、月に一度、公園内の堆肥センターで、ロサンゼルス市民向けに、市が格安でコンポストを販売してくれるのだ。堆肥作りに情熱を燃やす女・わにとしては、見逃せないチャンス。25ドルで「アースマシーン」という、100%リサイクル・プラスティック製コンポストと、大きなゴミ袋一杯の堆肥をゲットして大満足v

 プリウスの後ろに、やや無理矢理気味に大きなコンポストを押込み、折角ここまで来たのだからと、公園内の「トラベル・ミュージアム」へ。古い機関車や、ワゴン、大きなモデルとレインが多数展示されており、屋外展示の機関車の運転席に上ることもできる、子供達には魅力たっぷりの博物館です。しかも、入場料は無料。園内には、他にも、アメリカ西部博物館、ロサンゼルス動物園がありますが、今回はパスしてグリフィス天文台へ。
f0149869_14324314.jpg


 5年に渡る改修を終えたばかりで、最新設備を整えた展示の数々は見応え十分。特に、建物の一階西側部分を全て使った、太陽に関する展示は、今現在の太陽の様子を様々な角度から見ることが出来て興味深い。見るだけではなく、自分で触って操作できる展示も多く、時を忘れて夢中になります。運良くテスラコイルの実演を見ることもでき、感動してしまいました。うひゃ~、電気だ、電気だ!

f0149869_14262845.jpg
  天文台正面入口入って直ぐの、ギリシア神話の神々を描いたロランダの天井画フレスコ。左に、頑張ってるアトラス氏、下中央にはゼウス父さんが見えます。

 天文台の前の芝生では、ロサンゼルス天文同好会の人たちが、それぞれ自慢の望遠鏡をセットして、月や太陽を見せてくれました。青い空に浮かぶ、白いお月様は本当に綺麗。この天文台、様々な映画の舞台にもなっています。「特に有名なのは」と、わに夫が息子達にいわく「チャーリーズエンジェルだねぇ」
違うだろ!!!


 「ターミネーター」でも登場しましたが、一番有名なのは、「理由無き反抗」で、前の広場にはちゃんとジェームズ・ディーンの胸像だって立っているのだ。そして、その像の背後には、霞の彼方に、ハリウッドのサインが…って、霞だと思いたいけど、どんよりスモッグって気もする…
f0149869_141179.jpg


 今日は、とてもじゃないけど、星なんか見えそうに無い空でしたが、今度は晴れて空気のすんだ日に、まずは動物園に行き、夕方から天文台へ。プラネタリウムでショーを見て、晴れていれば眺望が素晴らしいであろう天文台のカフェ(その名も「宇宙の果てのカフェ」という、SFファンなら、にっこりしてしまうネーミング)で、軽い夕食の後、天文台の望遠鏡、というコースで行きたいわv
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-17 13:04 | LA名所紹介
 いつもなら、お天気のいい日曜日はビーチに行きたい、わに一家ですが、やっぱ空気悪そう(><)な気がして、今日はインドアを攻めることに。目的地は、ロサンゼルス・オリンピックの舞台となったコロセウムに隣接する、カリフォルニア科学センターです。触って、遊んで、科学を学ぼうという趣旨の楽しい博物館で、本館三階建てに加え、別館は航空宇宙博物館になっています。今まで、スミソニアンはじめ、各地で色々な子供博物館や、科学博物館に行ったけど、ここは規模も、内容もトップクラスだと思う。
f0149869_0352666.jpg


 展示は全てインターアクティブ型で、子供だけではなく、大人もつい真剣になっちゃいます。IMAXシアターも併設しており、お腹が空いたら、マクドナルドとタコベルという、いかにもアメリカ人の好きなファーストフードの入ったカフェテリアでランチを買って、裏の広大なバラ園でピクニックも可。ほんと、一日中遊んでも、飽き足りない。博物館そのものは入場無料ですが、駐車料金には$6が徴収されます。IMAXと、ロッククライミング、ハリケーン体験、自転車綱渡りは有料ですが、一番人気は自転車綱渡り。綱渡りとはいえ、自転車はレールから滅多なことじゃ落ちそうに無いし、下に補助網、自転車にはベルト付きなのですが、三階にあるので、高所恐怖症の人向きじゃないかな?
f0149869_035485.jpg


 わに家は、今日は時間が無かったけど、同じ公園内のお隣には、自然歴史博物館もあるので、今度はそっちにも行ってみたい。LAには、世界的に有名なゲッティーセンターはじめ、沢山の美術館、博物館があるので、行ってみたい場所が多すぎ!
[PR]
by shiro_wani | 2007-10-28 12:24 | LA名所紹介