いきなり大都会・ロサンゼルスに引っ越してきた田舎者主婦・わにのトホホ日記


by shiro_wani
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:わにの一日( 16 )

クリスマスが近い!

 我家から最寄の郵便局は、ショッピングモールの中という、ややキケンな場所にあります。今日も、切手を買いに行こうとモールに入ると、Wiiの箱を持って、エスカレーターから降りてくる人を発見。切手なんぞどうでもいい!いきなりシャカシャカとオバサン走りで、ゲーム店へと方向転換のわに。しかし、ショップに着いた時には、既に遅し。聞けば、12台入荷して、10分で売り切れたとか。お店のお兄さんが親切に、自分のお店の次に配送トラックが回る店に電話してくれましたが、既に並んでる人がいるので、それだけで完売だとのこと。Wii、凄いよ、Wii。わに夫に、クリスマスプレゼント何欲しい?と聞かれたから、「Wii!」と叫んだら、「じゃ、自分でゲットしてね」と、言われた(どんな『プレゼント』やねん!?)んだけど、これは苦戦になるかも(涙)

 毎年、わに家では、サンクスギビングの翌日に、クリスマスツリーを飾り付けるのですが、今年は、引越して来て直ぐ必要な物以外はガレージに全て突っ込んだのが運の尽き、段ボール箱の山を前に「クリスマスの箱は一体どれだろう…(遠い目)」と、途方にくれています。中に何が入ってるかくらい、箱の表に書いとけよ、自分…orz

 長年愛用のプラスティック製ツリーに至っては、荷物の奥に追いやられ、引っ張り出すのは一仕事になりそう。わに夫への、クリスマスツリーに対する執着が試されるわね。わに夫は、自称、無心論者なのに、クリスマスになると、嬉しく楽しくツリーなんぞ飾ってしまうのは、敬虔なキリスト教徒の家で育ったので習慣になっているせいか、楽しければそれでいいのか、親族一同で祝ってるのに、ウチだけ無視するのはヤバイからなのかは、議論の余地ありw

 一方、早々に諦め宣言の私は、クリスマスツリー型に剪定したローズマリーの鉢を買ってきました。テキサスに居た頃、冬の間は室内で育て、暖かくなってから外に植えたら、夏には結構な茂みに育って、いい香りだったので、ここでも試してみたいと思っています。これに、小さな飾りを付けたら、なんちゃってツリーもどきで可愛いかもv 綺麗なポット入りも売っていますが、私は安いプラスティックの鉢入りを買って、家にあるバスケットに入れれば…って…
f0149869_8303877.jpg

あの、猫姫様…おどきいただけないでしょうか…


 ちなみに、切手を買うのは忘れました。
[PR]
by shiro_wani | 2007-12-03 23:13 | わにの一日

わにこ、シアワセ

 今日は、ラスベガスに住むお友達のM子さんご夫妻がLAにみえたので、LA生活の先輩でもある、もう一人のお友達、Mさんもご一緒に、リトル・トーキョーでランチしましたよおっ!(≧▽≦)←はしゃいでいる

 うちのバカ息子が、興奮のあまり、ぴょんぴょん飛び跳ねて、たいそう鬱陶しかったのですが(ごめんなさい…orz)、美味しいものお腹一杯食べて、おしゃべりして、漫画貸していただいて、すっごく楽しい一日でした。ホッケの開き定食、お味噌汁、ご飯、サラダに、鶏のから揚げと、クリームコロッケ付きで、$11.95。食べきれないほどのボリュームで、大満足っ!ホッケなんか食べたの、一体何年ぶりなのか、自分でも思い出せないほどなので、一口食べて、おもわず涙出そうになりました。Mさんにご紹介いただいたこのお店は、本来は居酒屋さんなので、メニューには、お酒やビールに合いそうな一品料理がたくさん。一度、夜に来てみたいわ、運転手付きで。さて、どうやって、わに夫を誑かすべきか…

 その後、日本食スーパーに買出しに行ったのですが、物凄い混みようで、レジで小一時間も並んでしまいました。カート一杯のお買い物を、また返しに行くわけにも行かず、前後のご家族連れと、「動きませんねぇ…」なんていいながら、待っていたのですが、よりによって、お菓子の商品棚の間に並んじゃってさぁ(列が長すぎて、お店の半分を占拠していました)、気が付いたら、カートの中に、お菓子が一つ、また一つと増えていくという、ホラーな状況に…だって、いつもなら、とっても危険なエリアなので、見ないフリで素早く通り過ぎるのに、今日はじっくりゆっくり眺めちゃったんだもん。ついつい、手が伸びてしまう。日本のお菓子って美味しいもん。食玩も、よく出来てて、可愛いもん。

 長く掛かりすぎて、駐車場の無料使用時間を過ぎてしまい、結構な超過料金を取られて、むっかー!だったのですが、お菓子も一杯買えたし、食玩のピンクパンサー携帯ストラップも買えたから、良しとするか。何かの拍子に携帯の話になったとき、「(携帯が)薄っぺらいから、かばんの中で、いつも行方不明になる」って言ったら、「じゃ、目立つストラップ付けたら?」という話になり、隠れた(?)穴のありかを教えていただいたのです。今まで、気が付かなかったの。ところで、「隠れ穴の在り処」って、なんかお宝でも埋めてありそうで、楽しげだなぁv

 で、私のお宝はこれ、本日ゲットのピンクパンサー。見て、見て。かわいいでしょ~。うれし~v
f0149869_14502518.jpg
指紋ベタベタ見苦しくて、ごめんなさい。

[PR]
by shiro_wani | 2007-12-02 14:58 | わにの一日

やられた~

 ぶっつけられた~!!!

 珍しく、LAは昨夜から雨。待ちに待った、恵みの雨ではあるのですが、いつもにも増して、交通渋滞が酷い。これは気をつけなくっちゃ、と、思いつつも、上息子を中学まで送った帰り、混みあった狭い道路を徐行中、大き目の対向車が来たんで停まったんですが、相手はそのまま突っ込んできてサイドミラーをがっしゃん!ミラーが割れちゃいました。互いに、前後を他の車に挟まれているので、その場で車を停めて追いかけるわけにはいかず、やっと車を寄せて振り返った時には、相手は既にとんずら。くやし~!ラム君なら、負けなかったのに…(そういう問題じゃないだろ!)

 むかむかと腹が立つやら、ぶつかった衝撃の大きな音で吃驚したドキドキが止まらないわ、ほんっと悔しいったら!ここに来てから数ヶ月、駐禁チケット切られたり、ぶつけたり、ぶつけられたり…どうもツイてない。悔しいから、この街の交通事情を批判してやるわ!(わにこさん、それって八つ当たりなんぢゃ…)

 今月はじめに、ここでも書いたけど、LAの渋滞は並じゃない!ニュージャージーからNYCに入るワシントン橋や、リンカーントンネルの通勤時が大変っていうのも有名だけど、LAじゃ、朝から晩まで混んでる。中でも、405号線は悪名高いルートですが、タクシーの運転手さんに聞いた所だと、日曜日の深夜二時でも、渋滞してるんだそうです。みんな一体、そんな時間に、何処に向かっているのだ!?!

 NYCの場合、市内はバス、地下鉄、そして郊外からの通勤組のためには、メトロノース鉄道や、ニュージャージー・トランジット等、公共機関が発達しています。私がマンハッタンに住んでいた時のルームメイトは、生まれも育ちもNYCという人でしたが、彼女は、車を運転したことがない(!)って人だった。その時は、ふーん…だったけど、(当時)20代後半だった人が、運転経験無しっていうのは、実は凄い事だと、今となっては思います。ところで、NJ Transitのシンボルカラーは、紺・紫・オレンジのトリオ。日本人には思いつかない組合せだと思う。

 ワシントンDCでも、地下鉄、バスのおかげで、車無しでも生活できました。他の大都会は、住んだ事がないので判断付きかねますが、サンフランシスコも、有名なトロリーにバス、地下鉄完備だし、ボストン、シカゴも地下鉄がある。すると、密集大都市で、公共交通機関が整ってないのは、LAだけ?
f0149869_1259217.jpg
いや、まぁ、そうなんだけどさぁ…


 最近、メトロが開通して、ずいぶんとマシにはなったそうですが、まだまだ街を網羅しているというには程遠く、私の住むウェストLA地域や、郊外ベッドタウンが広がるバレー・エリアと呼ばれる地域にも行っていない。バスを利用する人も限られているようだし、一ヶ月以上もストしたり、頼りにならない。すると、猫も杓子も乗用車、になっちゃうのは、仕方ないのでしょう。ここの交通事情の悪さは、主要幹線道に収まらず、普通の住宅地までが込み合っています。道幅が狭い事に加え、両側にびっしりと路上駐車。だから、今朝の私みたいに、通りすがりにミラーをがっしゃん、なんて事が起こりうる。がーっ!(怒)

 こじんまりと収まっているサンフランシスコや、中心地自体が隔離された一つの特殊世界として機能し、公共交通機関やタクシーで自在に動けるマンハッタンやワシントンD.C.、東京とは、LAは、違ったタイプの都市でしょう。まず範囲が広大です。ロサンゼルスというと、通常は、北はマリブから、南はディズニーランドのあるアナハイム、ビバリーヒルズやハリウッドは勿論、パサデナやオレンジ・カウンティーも一括りではないでしょうか。「地球の歩き方・ロスアンゼルス」を見ると、東京並に広範囲に広がっていると書いてあります。これほどの巨大都市は、世界でも数少ない。で、公共交通機関がない!流しのタクシーも走ってない!そりゃ混むよね。ががーっ!(いまだ怒)

 年中、天気いいんだから、アジアの街みたいにスクーターとか自転車で通勤すりゃいいのにね~。それに加えて、アメリカ人、デカい車が大好きだ。私も、ラム君という前科があるから、偉そうにはいえませんが、かさばる大型SUVが一杯走ってる。ガソリン高いのになぁ…

 ところで、今気付いたんだけど、地球の歩き方は「ロスアンゼルス」なのね。他にも、ロサンゼルス、ロスアンジェルスとか、色々と表記法があって、統一していない。ここの人はみんな、縮めて「エルエー(LA)」って言ってるみたい。縮めないときの発音は、「ロッサンジェルス」に聞こえます。少なくとも「ロス」は、聞いたことないし、このごろは、日本でもあまり言わなくなった?私も「ロス」って聞くと、すぐ「ロス疑惑!」って、連想ゲームしちゃうんで、印象悪いからかしらw
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-30 15:35 | わにの一日

フィンランドの謎

 白夜とフィヨルドの国、フィンランド。ムーミンのふるさと、フィンランド。高い教育レベルと、充実した福祉制度で知られる、ハイテク産業の国、フィンランド… フィンランドといえば、ロマンティックなイメージと共に、エアギター・コンテストや、愚痴合唱団など、ユーモアに溢れ、映画「かもめ食堂」の舞台となったように、穏やかな時がゆったりと流れていく国、という気がします。そんなフィンランドの首都、ヘルシンキに住むKしゃんから、今、フィンランドで話題になっているという、クリップをご紹介いただきました。興味のある方のために、こちらにリンクを貼っておきます。このブログって、ビデオは貼っちゃいけないんだって。ぷんぷん!





………… なんか、飲めや、喰えや、歌えや、踊れや、とか言ってるし………

フィンランド、わけ、わかんねー!

 ジンギスカンといえば、思わずもすかうFlash思い出しちゃって、久しぶりに見たけど、やっぱ、床に転がって、笑ってしまったわw 元歌の「めざせ、モスクワ」は、1980年のモスクワ・オリンピック時に、ドイツのグループ「ジンギスカン」が、世界中で大ヒットさせた曲です。この写真見たら、思い出す方もおられるかも?
f0149869_6451583.jpg
ディスコなセッティングといい、突拍子もない衣装といい、元から奇天烈。こっちの本物のほうも、YouTubeで見られます。

 アメリカでは、サンクスギビングの翌日は、お買い物の日ということになっていて、クリスマス商戦公式開始、お店は早朝4時にオープン、お客は時間限定お買い得品求めてダッシュ!各店舗は、この日で一気に黒字巻き返しを図るので、ブラックフライデーとも呼ばれるそうですが、私はコタツに潜って、Flash見て笑っているのですな。

 しかし、フィンランド人、奥が深すぎる…
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-24 05:34 | わにの一日

七面鳥は何色?

 11月の第4木曜日、アメリカの感謝祭です。家族で集い、伝統的な感謝祭ディナーである、スタッフィングを詰めた七面鳥、クランベリーソース、マッシュポテトに、いんげん豆、デザートにパンプキンパイを食べて、腹ごなしに散歩して、アメリカンフットボールを観る日。全米で、みんなが同じメニューを食べていると思うと、ちょっと面白い。

 このごろは、七面鳥ばかりではなく、ハムがメインディッシュになることまるようですが、やっぱり、感謝祭といえば七面鳥。これが、ウサギとか、先日伝えられたように、本当の最初の感謝祭に倣って鹿肉とかだったら、「かわいいバニーちゃん(もしくはバンビちゃん)を食べるなんて!」ってなって、感謝祭の伝統は、つぶれていたかもしれない。だから、あんまし可愛くない鳥で、良かったなと思うわたし。七面鳥の皆さん、ごめんなさい。

 ところで、七面鳥の鳴き声は、日本語では「クエックエッ」らしいですね。わたしなんぞ、ついつい、その後に「チョンガ、チョンガ」と、続けたくなりますが…え?知らない?「嗚呼、花の応援団」の、青田赤道さんですが…己のトシをばらしただけだったでしょうか…orz
 ともあれ、英語では、七面鳥は「ガボガボ」と鳴くことになっています。先日、毎年恒例の大統領による、二羽の七面鳥の恩赦で、藪大統領の演説中に鳴いていましたね。七面鳥にまで、コケにされているのか、藪?
f0149869_154727.jpg


 上の写真が、今年の七面鳥恩赦の模様なのですが、この七面鳥、白い。普通、七面鳥といえば、黒っぽい羽色なのですが。で、Bush Turkeyで画像検索してみると、過去、恩赦された七面鳥も、みんな白い鳥ばかり。そこで、ClintonとかReaganでも同じ事をしてみると…やっぱり白い。この大統領恩赦、トルーマン大統領が1947年に始めたという説もありますが、で、Truman turkeyで調べてみると、
f0149869_16154736.jpg

 普通の色の七面鳥だ!もしかして、ブロイラーの食用ターキーは白なんだろうか?なんだか、よく判らない… 
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-22 10:43 | わにの一日
 風邪を引いたらしくて、咽喉がいがらっぽい…って、この「いがらっぽい」って言葉、本当に良く言い表していて絶妙だなぁ。ほんと、「いがらっぽい~」って、感じするもん。もう一つ、私がいつも感心するのは、「obnoxious」という単語。ムカつく、って意味で、「ア」に近い「オ」で、オブナァクシャスって発音するんだけど、この発音といい、字面といい、如何にも「ムカつくぜ!」って感じが、ひしひしと伝わってくるような気がしません?

ともあれ…

 前日の日記に頂いたコメントで、サンクスギビングまで、実はあと一週間だったと知って、ショックを受けている、わにです。教えてくださって有難うm(__)m
 いやー、ブログも書くもんだねぇ。ここで指摘されなきゃ、当日になるまで気付かなかったかも(をいをい)。道理で昨日、スーパーに行ったとき、冷凍七面鳥肉が沢山売ってたはずだ。気の早いことだ、なんて思っていたのですが、自分が大ボケだったのね。

感謝祭前の恒例行事の一つは、「Food Drive」という、寄付用の食料品集めで、アメリカの学校では、何処でも盛んです。テキサスの小学校では、集めた食料品は、ホームレスセンターに寄付され、コロラドの小学校では、近くのインディアン居留地に送られました。ここでも矢張りホームレスセンターに寄付されるらしいですが、食料品だけではなく、紙おむつや、スーパーのギフトカードなどの寄付も募っているのが、目新しいところです。なるほど、紙おむつは需要が大きそう。

 感謝祭が終わると、サンタの扮装をした人が街角でチリンチリンと鈴を鳴らす、救世軍の寄付金募集が始まります。これは、アメリカの年末における風物詩です。この鈴の音に、クリスマスまでのカウントダウンに焦りまくるのが、アメリカの生活。12月は、何処の国でも忙しい…
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-15 01:59 | わにの一日