いきなり大都会・ロサンゼルスに引っ越してきた田舎者主婦・わにのトホホ日記


by shiro_wani
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ハロウィーン!

 若息子の小学校では、仮装パレードがありました。今までの学校では、女の子はお姫様、男の子はヒーロー系が圧倒的に多かったのですが、実にバラエティーにとんだコスチュームで、とっても楽しかったです。なぜか剣道の胴着の子がいて、それは仮装なのかと悩んでしまった。秋葉原に行ったら、いきなり撮影会が始まりそうなセクシーなメイドさんな女の子・・・と、思ったら、あとから聞いたら男の子だったと知って、私はのけぞった。
f0149869_1224351.jpgV フォー・ヴァンデッタの”V" 妙に渋い選択だと言うざるを得ない…

f0149869_1233899.jpg着ぐるみ系。暑そうだけど、カワイイ。チャーリー・ブラウンもいましたよv


 若息子は騎士、上息子は僧侶の格好で、ご近所を「お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!」して、カボチャ型のバッグに一杯チョコやキャンディーをせしめてきました。折角なので、うちの犬猫にも仮装をさせてみる。実はこの直前、猫は「しゃーっ!」とかって怒ってました(^^;)

f0149869_1283767.jpg
f0149869_1211872.jpg
[PR]
by shiro_wani | 2007-10-31 17:46 | 学校
 小学校で要求される、健康診断のフォームを作ってもらうため、若息子をお医者さんのオフィスに連れて行きました。つい夏にコロラドで、9歳児検診を済ませたばかりなのに、そのコピーじゃダメで、こっちのドクターに規定フォームを作ってもらわねばならないらしい。入学前の結核検査といい、何かと二度手間。そんなに、他州の医療機関は信用できんかね?と、言いたくなります。

 近頃の小児科医院では、病気の子供用と、ただの検査に来た健康な子供用の待合室が、分かれているのが普通になってきた・・・と、思っていたのですが、ここは一緒だった。ゲホゲホ咳をしながら、他の小さい子に近づくヨチヨチ歩きの子供に、他の同年代の子供達の親はイヤ~ンな雰囲気になってるのに、ゲホゲホ坊やの親は知らん振り。ベビーカーに乗った、まだ月齢の低そうな小さな赤ちゃんに、その子がヨダレだらけの玩具を「あげる~」と近づいた時には、赤ちゃんのお母さんは露骨に「ひえ~っ!」って感じになってけど、無碍に「あっち行け」とも言えないし、かなり困ってました。そのとき、うちの子が呼ばれたので、その顛末を見届ける事は出来ませんでしたが、どうなったんでしょうね?子供が病気の親は、他の子の事を気遣うるのが常識だと思うんですけどねぇ…

 ともあれ、若息子の検診は超簡単に済み、ついでなんでインフルエンザの予防注射もしてもらったのですが、看護婦さんの早業に感心した!あっという間に注射終わってるの。思わず、「注射上手いですね!」と言ってしまったけど、「注射が上手い」って褒め言葉なんだろうか…うーん…

 わに夫は、LAレイカーズの開幕戦に誘われたとかで、遅くまで帰ってこない。晩御飯は息子達と私だけなんで、冷凍ピザをオーブンであっためるだけの手抜き夕食で、テレビ観戦していたのですが、観客席のわに夫、しっかりTVに映っていました。

コロラドロッキーズのTシャツ着て。

 父ちゃん、他に着るもの無いんかい?ちょっぴり悲しくなってしまった妻であった…orz
[PR]
by shiro_wani | 2007-10-30 14:18 | ああ息子

ロッキーズ…orz

 コロラド・ロッキーズのワールドシリーズ、ストレート負けに呆然の、わにです。ここに来るまでは、緒猛突進の勢いだったのに、ア・リーグの勝者が決まるまでの間に、ロッキーズに一体何が起こったんだか…orz
 第一戦、ボストンでの記録破りなボロ負けっぷりで、既に、コロラド中にいや~な予感を振りまきまくったロッキーズですが、なに、本拠地のデンバーに還って来れば、テキは散々に違いない、なんたって空気は薄いし、カラカラに乾いている、加えて、この時期のロッキーは余裕で氷点下・・・とほくそ笑んだのは、第三戦最初の数イニングだけ。後はなし崩しに、敗戦街道をごろごろ転がり落ちていったのでした。かなり、がっかりだ。それでも、日本人選手の活躍ぶりには、大いに楽しませてもらいました。

 大リーグ史上初めての日本人ワールドシリーズ先発ピッチャーとなった松坂、私なんぞは、彼が甲子園で『バンビ』などという可愛らしい愛称で親しまれていた時代を知っているだけに、いきなり「えらいオッサンになったなぁ!」と、力が抜けましたが、リリーフの岡島と共に力投だったと思います。松井も、それなりに活躍したし、なんといっても、彼はここに至るまで、シーズン中大いに貢献した。そして、松坂ー岡島vs松井で、日本でも同時中継されるなど、宣伝効果は抜群でした。ロッキーズ、いいお買い物したね。

 ロッキーズの快進撃、そして来年に控える民主党党大会と、デンバーはこのところホクホクなようです。デンバー市長、ヒッケンルーパーさんファンの私としては、彼がきっと、この余剰金を良い方向に役立ててくれると信じているので、どんどん多くの人にデンバーを訪れて欲しいと思うのであります。ちなみに写真は、ヒッケルーパー市長、通勤の図。サワヤカでしょ?彼は毎日、自転車か、ご覧のような原チャリで、市庁舎に通勤するのだ。余りに大きく、その事が報道されたんで、今更、車は使えないわねw
f0149869_954657.jpg


 さて、今の住居、ロサンゼルス市の市長は打って変わって、ニュースレポーターと不倫しちまったり、全然サワヤカではない。どういう貢献をしたのかも、よく判らない。地元紙で取り上げられるのは、知事の仕事ばかりで、いくら世界一有名な知事だからって、市長、日陰過ぎ・・・ってことは、大した事してないに違いない。LA市自体は、今回の火事の直接被害は余り無かったけど、大気汚染その他の間接被害は大きい。ここらで何か、リーダーシップを示して欲しいものよのぉ。
[PR]
by shiro_wani | 2007-10-29 09:14 | ニュースねた
 いつもなら、お天気のいい日曜日はビーチに行きたい、わに一家ですが、やっぱ空気悪そう(><)な気がして、今日はインドアを攻めることに。目的地は、ロサンゼルス・オリンピックの舞台となったコロセウムに隣接する、カリフォルニア科学センターです。触って、遊んで、科学を学ぼうという趣旨の楽しい博物館で、本館三階建てに加え、別館は航空宇宙博物館になっています。今まで、スミソニアンはじめ、各地で色々な子供博物館や、科学博物館に行ったけど、ここは規模も、内容もトップクラスだと思う。
f0149869_0352666.jpg


 展示は全てインターアクティブ型で、子供だけではなく、大人もつい真剣になっちゃいます。IMAXシアターも併設しており、お腹が空いたら、マクドナルドとタコベルという、いかにもアメリカ人の好きなファーストフードの入ったカフェテリアでランチを買って、裏の広大なバラ園でピクニックも可。ほんと、一日中遊んでも、飽き足りない。博物館そのものは入場無料ですが、駐車料金には$6が徴収されます。IMAXと、ロッククライミング、ハリケーン体験、自転車綱渡りは有料ですが、一番人気は自転車綱渡り。綱渡りとはいえ、自転車はレールから滅多なことじゃ落ちそうに無いし、下に補助網、自転車にはベルト付きなのですが、三階にあるので、高所恐怖症の人向きじゃないかな?
f0149869_035485.jpg


 わに家は、今日は時間が無かったけど、同じ公園内のお隣には、自然歴史博物館もあるので、今度はそっちにも行ってみたい。LAには、世界的に有名なゲッティーセンターはじめ、沢山の美術館、博物館があるので、行ってみたい場所が多すぎ!
[PR]
by shiro_wani | 2007-10-28 12:24 | LA名所紹介

America's Funniest Home Security

 猛威を振るった火事も、気温低下や強風が収まったおかげか、やっと収まってきたここ南カリフォルニアです。一昨日迄は、太陽がなにやら紫がかった色をしてましたが、昨日は普通に眩しかったので、上空の煙もマシになっているのでしょう。今日は朝から、どよ~んとした曇り空で、湿りっぽい感じ。この湿気も、鎮火の助けになるのではないでしょうか。

 さて、大型ハリケーンのカタリナ来襲時に遅れを取り、面目丸つぶれになった連邦緊急事態管理局(FEMA)、責任を取って辞任したブラウン長官が、何を思ったか緊急事態管理会社を設立してみたり(誰が雇うねん??)、今度こそは!と張り切って準備したら、大きく逸れたハリケーンにシカトされてしまったり、何かと、お茶の間に楽しい話題を提供し続けていましたが、今度は、カリフォルニア州の山火事に関する記者会見で、FEMA職員が記者のフリして質疑応答したのがバレて、ホワイトハウスに怒られるという緊急事態発生。ほんま、笑わしよんなぁw いっそ、ハロウィーンに向けて、記者のコスチュームで予行演習してました、うちはオバケよりマスコミのほうが怖いです、とでも言い訳すれば一層笑えたかも。

 ハロウィーンと言えば…今夜は、ご近所のハロウィーンパーティーに、お呼ばれしました。子供達が主役のパーティーなので、仮装した子供達はお庭で走りまわり、大人はワイングラス片手にのんびり。それにしても、女の子たちは自然とかたまってお喋りを始めると、すっかり自分の仮装したキャラクターになりきっているのに対し、男の子達はハリー・ポターであろうが、ドラキュラであろうが、幽霊であろうがお構い無しに、チャンバラごっこ。不思議なものね。
[PR]
by shiro_wani | 2007-10-27 02:28 | ニュースねた

ハロウィーンが来るぞ

 ご近所にハロウィーン向けの装飾をしているお家が多くて、犬の散歩がてら、色んな通りを見て回るのが楽しみです。思えば、全米そろってコスプレ日なハロウィーンは、エンターテイメントの街・LAには、ぴったりのお祭りなのかも。今まで住んでいた場所でも、この季節、かぼちゃを家の前に飾る家は多く見かけましたが、ここでは蜘蛛の巣に見立てた綿を植木に絡めたり、幽霊が飛んでいたりと、カボチャやとうもろこしに代表される秋の収穫を祝うというより、ハロウィーンそのものを楽しむデコレーションがメイン。なかでも人気は、骸骨さんのようで、多くのお家の庭先で、

  埋もれていたり
f0149869_1444854.jpg

  物思いに耽っていたり
f0149869_1451639.jpg

します。

我が家でも何か、飾り付けしたいなと思っているのですが、うちのハロウィーンの主役はやっぱり、これ。
リアル黒猫  
f0149869_1363290.jpg


お粗末さまでした。
[PR]
by shiro_wani | 2007-10-26 13:24 | LAの日常茶飯事

チェスが好き

 サンタモニカ市立図書館で毎週開かれる、子供向けチェス教室に行ってみました。まず最初に、責任者のマットさんが「ここはチェスをみんなで楽しく学ぶ場なので、勝ち負けは重要ではありません」と、一言。これは、去年まで私がコロラドの小学校でやっていたチェスクラブの方針と同じで、嬉しくなりました。で、第一印象は花丸合格点。

 実は若息子の小学校でも、放課後に課外授業で、チェス教室があるのですが、こちらは、目標は「トーナメント上位入賞を目指す」だそうで、しかも有料。私的には全くもって気に食わんのです。だから、この、誰でも自由に参加でき、しかもプロのチェスの先生が無料で指導してくれるチェスクラブを見つけることが出来て、本当にラッキーでした。

 息子達はそれぞれ、先生と一局し、新しい手を教えてもらったりして、二人とも、今日一日で凄く沢山学んだ!と、大満足でした。私も、来ていた七歳の男の子と対戦しましたが、途中から付添いのお父さんが真剣に参加しちゃって、ずるいよ~!って感じ。そうなりゃ、こっちも真剣勝負で、「勝ち負け関係なし」の精神はどうした!?と、自分で突っ込む、実は負けず嫌いなわたくし。(でも、子供達には、日頃「勝ち負けは重要ではない」などと、ぬかしているのであった。)

 この図書館は、海岸から1ブロック、お店の並ぶメインストリートにある、白と水色のお洒落な建物です。この間たまたま前を通りがかった時、「あら、素敵な建物が~v」とフラフラ近寄ってみると、チェスクラブの張り紙が。いやー、不審な行動も、たまにはしてみるもんだねぇ。ちなみに、傾いているように見えるのは、私の腕が悪いからであって、別に地震で傾いたとか、ピサのまねをしているわけではありません。
f0149869_7312085.jpg


 しかも来月には、カリフォルニア州内で最も高ランキングでグランドマスターの、Var Akobian さんを招いてのデモや、州内の実力者を招いてのトーナメントなど、チェスイベントが予定されており、わくわくvです。このイベントの詳細は、ここから。件のGM,Akobian氏の写真も見れますが、さすがはチェスおたくらしい(?)アブナい雰囲気の兄ちゃんです。これでも、23歳。実際には、サワヤカ青年かもしれないけど、この写真だと、お友達にはなりたくないタイプにみえるねぇ・・・Varくん、君が日本語わからないからって、好き勝手言ってごめんよ。(解ったりして!?!) 
[PR]
by shiro_wani | 2007-10-25 16:15 | ああ息子

バスから見える風景

 先月、静かに路上に佇んでいた何の罪の無いカローラにつっかかり、サイドミラーをもぎ取ったときに出来た引っ掻き傷(詳細は、過去ログにて)を癒す為、愛車ラム君をサンタモニカの修理屋さんに持っていきました。帰りは、サンタモニカ市の市営バス、Big Blue Bus利用。LAで、バスに乗るのはこれが初めてです。いつもは高速をぴよーんと走って、そっけない数分ですが、今日はゆっくり車窓の向こうに流れる路上の風景を眺めながら、30分弱のドライブ。ちょっと楽しい。

 バス代は片道$1.25なので、たとえ一人でも近場なら、自分でプリウスを運転したほうが、ずっと経済的。ですから、こういう機会でもないと、バスに乗ることなんてありません。NYCに住んでた頃も、DCに住んでいた頃も、通勤通学にはバス利用でした。時間的には、地下鉄のほうが早いのですが、外を眺めるのが好きな私には、味気なくって、あんまり地下鉄は好きじゃなかったのです。毎日、同じ光景でも、季節の移り変わりを感じたり、路上を行く人たちをヒューマンウォッチングしていると、オフィスまであっという間でした。当時はまだまだラフだった、NYCのハーレムも、バスに乗って通り過ぎれば、ソウルフードのお店の派手な看板、家の前に置いたいすに座って日がな一日ぼんやりと道行く車を眺めている老人達、消火栓から噴出す水を浴びてはしゃぐ子供達・・・新鮮な風景が見られ、私は窓に張り付いたままでした。

 DCに住んでいた頃は、たまに、副大統領邸前で、ゴア息子通学黒塗り高級車のお出ましに巻き込まれ、何分も足止めを食らうことがありました。当時のゴア息子は、ワシントン大聖堂裏の、セント・アルバン学校の生徒だったはず。歩いてでも十分いける距離だったけど、やっぱ、副大統領の一人息子ともなれば、SS付きで自動車通学だったんですね。このゴア息子君も成長して、この間は、プリウスで160ml/h出してとっつかまり、プリウスって案外速いじゃん!と、販売促進のお手伝いなどしていたようですが。ついでに麻薬なども所持しており、妙な方向で、自然とお友達している模様。流石は地球温暖化対策の雄・ゴア氏の息子、あっぱれといえましょう。わはは 
[PR]
by shiro_wani | 2007-10-24 14:32 | LAの日常茶飯事
 南カリフォルニア各地での火災は、今日も消火活動が続いていますが、未だ鎮火には至らず、35万世帯が避難という事態に。サンディエゴ区だけでも、5避難者数が50万人を超えるカリフォルニアの山火事って、毎年ニュースになるし、年中行事みたいなもんじゃないの?と、新参者の私は思ってしまうのですが、今年のそれは、特に大規模な被害を出しているようです。私の住んでいるウェストLAでも、晴れているのに、空が薄いグレー。今朝方は、なにか生臭いような臭いが、空中を漂っていました。但し火事のせいか、ご近所のゴミ箱のせいかは、定かではありませんが。サンタ・モニカからマリブ方面を望む、わに夫のオフィスの窓からは、黒い雲が流れてきたり、風が吹いて一掃されたりという様子が見えたそうです。

 こんな状況を目の当たりにすると、かばん一つで、子供と犬猫抱えて、素早く何処へも行ける身軽な生活に憧れますが、独身時代ならばそれも可能だったと思うけど、今となっては、息子達が小さかった頃の写真、死んだ愛犬の映っているビデオテープ等、思い出グッズが重過ぎる。写真屋ビデオは、少しづつスキャンして、ファイルをウェブサイトにアップロードしています。これなら、PCが破壊されても、CDやメモリースティックを持って逃げられなくても大事なファイルは保存されているはず。でも、なかなか進まん(><)

 火事で、不自由な生活を余儀なくされている方々や、大切なものを焼失した方々にも、同情を感じ得ませんが、山に住む野生動物たちはどうしているのだろうと気になります。野火は自然の一環、イエローストーンの山火事の後に芽生えた新たな芽は、木の影にならないので太陽を一杯に受けて成長し、動物達の食べ物となって、結果的には野生動物の数も増加したそうですが、炎に包まれた住宅地には、また家が建ってしまうのかなぁ・・・
[PR]
by shiro_wani | 2007-10-23 20:35 | LAの日常茶飯事

わにショック

  駐禁チケット切られた~!
 しかも、自分の家の前で。罰金50ドルだって。痛い、痛すぎる…orz

 今日は、新しくした携帯電話のリベートの小切手が来て、ちょっと嬉しい気分でいたのに、いきなり奈落の底に、「This is LAPD~!」って突き落とされたわ。我が家の前は、週に一度、月曜日の朝10時から12時までの間だけ、駐車禁止になるのですが、ちょっと電話で10時に数分遅れて、車を動かしに出たら、既にフロントガラスにとめられたチケットが、風にひらめいていました。おまわりさん、素早過ぎ。

 それにしても、暑い!今日も30℃超えでした。なのに朝方は、16℃程度なので、本当に着る物に困ってしまいます。上は重ね着、下はスパッツで対応していますが、犬の散歩の最中に、出掛けは寒いので着込んでいたのが、歩くうちに段々お日様が昇って暖かくなっていき、ジャケットを腰に巻き、続いてセーターも脱いで、帰る頃にはスパッツまくり上げなんてことも。ここの気温は、変わり身が早い。夜に入っても、まだまだ暑くて寝苦しいので、窓を開けて寝ていたら、明け方には寒くてガタガタ震えてしまったり。でもコロラドじゃ、もうすっかり氷点下なのに、未だにビーチに言って遊んでるわに一家も、なかなか順応早い?
[PR]
by shiro_wani | 2007-10-23 11:05 | LAの日常茶飯事