いきなり大都会・ロサンゼルスに引っ越してきた田舎者主婦・わにのトホホ日記


by shiro_wani
カレンダー

<   2007年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 昨日は、ここのサーバーが一日中メンテナンスのため、サービス中止していましたが、私も風邪がぶり返し、ひねもすゲホゲホしていました。若息子も同じく風邪引きで寝ており、わに夫はオフィスに行ってしまったので、上息子は一日中好きなだけPCゲームで遊べて、たいそうハッピーだった模様。今日は家事をほっぱらかし、ごろごろと布団に包まって、古本屋さんでゲットした古い早川文庫のSF、ティム・パワーズの 「奇人宮の宴」と、シオドア・スタージョンの「人間以上」を読む。どちらも初読。ちょっとネットで検索してみると、二冊とも絶版になっているようで、一冊1ドルはお買い得だったみたい。「イリューニュの巨人」を売っ払った直後に、希少価値があると知って、ちょっぴり後悔だったのだけど、ま、いいか。「奇人宮の宴」は、世紀末後のLAを舞台にしたカルト教団から昔の恋人を奪還し夜討ちする男のお話、「人間以上」はミュータントSFの先駆けの一つといわれ、双方とも内容は結構どろどろしてるのに、ラストがみょ~に爽やかなのが呆気に取られるw

 それにしても、古いSFやファンタジーが、軒並み絶版になっているのは、寂しいことです。ハリポタの人気で、ファンタジー作品が増えたとはいえ、結局は魔法やヴァンパイア、超能力などの特殊能力を持ったエリートが主人公の、いわば「スーパーパワーもの」シリーズが多いような気がします。私は、そういったタイプはあまり好みではないので、昔の作品をひっくり返しては懐古厨と化しているのですが、息子達が今ハマっているシリーズは、先のティム・パワーズのような「スチームバンク」系な感じもあって、期待は大。「スチームバンク」とは、近未来を描いたサイバーバンクに対して、過去の世界的な舞台のSFやFT。文明の後退した「北斗の拳」の世界なんかも、この分野に含まれます。サイバーバンクの世界が現実になってしまった今のSFには、イマイチ物足りなさを感じる私には、歴史的な舞台に突拍子の無い設定の組合せに、ワクワクします。

 若息子のお気に入り「Vanpirates」が、正にそんな設定で、内容はタイトル通り、ヴァンパイアなパイレーツが活躍する海洋もの。その時代設定は21世紀末にも関らず、15-6世紀のような世界なのです。まだまだシリーズ序盤ですが、今後の展開が楽しみ。上息子のほうは「パーシーとオリンピアン達」シリーズが好き。こちらは、現代に生きるポセイドンの息子、14歳のパーシー君が、何かと面倒を起こすギリシア神話の面々を相手に奮戦するファンタジー。年の近い主人公、パーシーに共感するところも多いようです。

 思えば、ハリポタ・シリーズだって、時代は現代とはいえ、全てが、孤立したヴィクトリア朝的な学校の中での隔離された世界でのお話で、インターネットもコンピュータも存在しない世界。ある意味では、これもスチームバンクなのかも?
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-19 03:12 | 本、映画

グリフィス・パーク

 風邪引きました。昨夜は、小学校で「天文学の夜」たる、たいそう楽しげな催しがあったのですが、わに夫に任せて、私は早々に退散。校庭に設えた望遠鏡で月を見たり、宇宙がテーマの映画を見たり、望遠鏡を手作りしたり…と、色々と楽しかったようですが、生憎の曇り空で星は全く見えなかったそう。だいたい、ここの空は明るすぎて、星を見るには向いてないと思う。かわりに、ダウンタウンのビルの窓の中まで見えたよ!と、若息子は興奮気味でしたが、ええんか、それ?コロラドの学校で、こんなイベントをしたら、さぞや楽しかったでしょう。なにしろ、晴渡った新月の夜には、家のベランダから天の川が確認できたほどですから…

 今朝になっても、身体の節々が痛くて、体調は万全とは行きませんでしたが、今日は何が何でも出かけたい場所がある!それは、ハリウッドの北側丘陵に広がるグリフィス・パークで、今日は月に一度の、コンポスト販売日なのだ!グリフィス・パークは、市所有としては、アメリカ最大の広大な自然公園で、有名なハリウッド・サインも、この公園内にあります。そして、月に一度、公園内の堆肥センターで、ロサンゼルス市民向けに、市が格安でコンポストを販売してくれるのだ。堆肥作りに情熱を燃やす女・わにとしては、見逃せないチャンス。25ドルで「アースマシーン」という、100%リサイクル・プラスティック製コンポストと、大きなゴミ袋一杯の堆肥をゲットして大満足v

 プリウスの後ろに、やや無理矢理気味に大きなコンポストを押込み、折角ここまで来たのだからと、公園内の「トラベル・ミュージアム」へ。古い機関車や、ワゴン、大きなモデルとレインが多数展示されており、屋外展示の機関車の運転席に上ることもできる、子供達には魅力たっぷりの博物館です。しかも、入場料は無料。園内には、他にも、アメリカ西部博物館、ロサンゼルス動物園がありますが、今回はパスしてグリフィス天文台へ。
f0149869_14324314.jpg


 5年に渡る改修を終えたばかりで、最新設備を整えた展示の数々は見応え十分。特に、建物の一階西側部分を全て使った、太陽に関する展示は、今現在の太陽の様子を様々な角度から見ることが出来て興味深い。見るだけではなく、自分で触って操作できる展示も多く、時を忘れて夢中になります。運良くテスラコイルの実演を見ることもでき、感動してしまいました。うひゃ~、電気だ、電気だ!

f0149869_14262845.jpg
  天文台正面入口入って直ぐの、ギリシア神話の神々を描いたロランダの天井画フレスコ。左に、頑張ってるアトラス氏、下中央にはゼウス父さんが見えます。

 天文台の前の芝生では、ロサンゼルス天文同好会の人たちが、それぞれ自慢の望遠鏡をセットして、月や太陽を見せてくれました。青い空に浮かぶ、白いお月様は本当に綺麗。この天文台、様々な映画の舞台にもなっています。「特に有名なのは」と、わに夫が息子達にいわく「チャーリーズエンジェルだねぇ」
違うだろ!!!


 「ターミネーター」でも登場しましたが、一番有名なのは、「理由無き反抗」で、前の広場にはちゃんとジェームズ・ディーンの胸像だって立っているのだ。そして、その像の背後には、霞の彼方に、ハリウッドのサインが…って、霞だと思いたいけど、どんよりスモッグって気もする…
f0149869_141179.jpg


 今日は、とてもじゃないけど、星なんか見えそうに無い空でしたが、今度は晴れて空気のすんだ日に、まずは動物園に行き、夕方から天文台へ。プラネタリウムでショーを見て、晴れていれば眺望が素晴らしいであろう天文台のカフェ(その名も「宇宙の果てのカフェ」という、SFファンなら、にっこりしてしまうネーミング)で、軽い夕食の後、天文台の望遠鏡、というコースで行きたいわv
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-17 13:04 | LA名所紹介
 風邪を引いたらしくて、咽喉がいがらっぽい…って、この「いがらっぽい」って言葉、本当に良く言い表していて絶妙だなぁ。ほんと、「いがらっぽい~」って、感じするもん。もう一つ、私がいつも感心するのは、「obnoxious」という単語。ムカつく、って意味で、「ア」に近い「オ」で、オブナァクシャスって発音するんだけど、この発音といい、字面といい、如何にも「ムカつくぜ!」って感じが、ひしひしと伝わってくるような気がしません?

ともあれ…

 前日の日記に頂いたコメントで、サンクスギビングまで、実はあと一週間だったと知って、ショックを受けている、わにです。教えてくださって有難うm(__)m
 いやー、ブログも書くもんだねぇ。ここで指摘されなきゃ、当日になるまで気付かなかったかも(をいをい)。道理で昨日、スーパーに行ったとき、冷凍七面鳥肉が沢山売ってたはずだ。気の早いことだ、なんて思っていたのですが、自分が大ボケだったのね。

感謝祭前の恒例行事の一つは、「Food Drive」という、寄付用の食料品集めで、アメリカの学校では、何処でも盛んです。テキサスの小学校では、集めた食料品は、ホームレスセンターに寄付され、コロラドの小学校では、近くのインディアン居留地に送られました。ここでも矢張りホームレスセンターに寄付されるらしいですが、食料品だけではなく、紙おむつや、スーパーのギフトカードなどの寄付も募っているのが、目新しいところです。なるほど、紙おむつは需要が大きそう。

 感謝祭が終わると、サンタの扮装をした人が街角でチリンチリンと鈴を鳴らす、救世軍の寄付金募集が始まります。これは、アメリカの年末における風物詩です。この鈴の音に、クリスマスまでのカウントダウンに焦りまくるのが、アメリカの生活。12月は、何処の国でも忙しい…
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-15 01:59 | わにの一日

時の経つのが早すぎて…

 今日も暑かった。近所のTrader Joe'sまで自転車で買い物行ったら、暑くてすっかりバテてしまった。この調子が続くなら、週末にはビーチで遊べそうだけど、その頃には涼しくなるらしいとの予報。早いもので、感謝祭(Thanksgiving)まで、二週間。これを過ぎれば、怒涛のようにクリスマスまで雪崩込み、あっという間に年が明ける。ラジオではクリスマスソングが氾濫し、郵便受けはカタログでぱんぱん、プレゼントじゃ、カードじゃと、いつのまにかクレジットカードの請求学が跳上がり、ごちそう食べて体重計の目盛りもうなぎのぼり、という恐ろしい季節でもある。

 感謝祭と言えば七面鳥なのだけれど、実は最初のサンクスギビング・ディナーは鹿肉だった、という記事が、USA Today紙で紹介されていました。時は1691年秋、厳しい冬を前に、食べるもんはないし、寒いし、病気なるし、こりゃもうダメだ状態だったピルグリム達に、先住民が収穫の祝いを分け合ったのが始まりとされる感謝祭。確かに、大きくて肉も一杯ありそう、皮も使えるし、角や骨も道具の材料になる鹿の方が、目玉は七面鳥でしたと言われるよりは、納得が行きますな、この「最初の感謝祭」の模様は、200年を経て超美化され、1863年に、リンカーン大統領によって、祝日と決められましたが、いくら美化しても、その後の、入植者による原住民の虐殺と土地略奪は、今更覆しようの無い事実で、原住民にとっては、実に苦い祭日でもあります。この味が、良いねと入植者が言ったから、今日は騙され記念日、ってなもんですか。
f0149869_10173254.jpg

[PR]
by shiro_wani | 2007-11-14 18:04 | ニュースねた

人は、変わっていくのね

 暑い~!先週は、炬燵を出そうかと真剣に考えていたのに、今日はまた、日差しが痛いほど暑い!猫ですら「暑すぎなのみゃ」と、日陰を追っている始末。まぁ、コロラドの子だし… 息子達は、今日は1時半で早引け。ほんと、ここの学校は…(以下いつもの台詞)

 そんな今日この頃の面白ニュースは、ヒラリー”Buy One Get One Free"姐さんの、質疑応答やらせ疑惑を、エドワーズ”なんてったって白人中年男性”元上院議員が「やってることが、ブッシュと同じ!」と、非難したことに対し、姐さん陣営が「なによ、あんたこそ、ブッシュじゃないの!」と反撃したことでしょうか。ブッシュってば、えんがちょ!?

 現役のブッシュとチェイニー、ダークサイド・コンビと、民主党側がカラフルすぎるせいで、共和党候補、影の薄いこと、薄いこと… 私的には、オバマ・ヒラリーが理想なのですが、ビジュアル的には、共和党のマッケイン候補が好きだな。優しそうなおじさん、って感じで和みます。大統領の顔はイヤでもしょっちゅう、TVや新聞で、見なきゃならないので、見た目は大事だと思う。藪なんて、「あ、またサルが出てる」くらいしか感想が出ない。実際の藪は、近くで接すると、誰でも好きになってしまうような魅力的な人物なのだそうで、さぞやカリスマはあるのでしょうが、大統領に接する機会なんぞ、わたくしにはございませんしw 本人はバリバリのキリスト教原理主義者で、進化論なんか信じてないだろうに、身をもって、人間は猿から進化したと証明しているようで皮肉ですなぁ…藪大統領氏、左から三番目くらい?
f0149869_4344091.jpg
   ちなみに、私は右端 
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-13 17:58 | ニュースねた

かぶりもの

今日は、復員記念日とやらで休校。全く、ここの学校は本当に授業時間が足りているんだろうかと、疑ってしまいます。お天気もいいのに、息子達はPCゲームばかりしたがるんで、なんとか他にすることを考える母。お友達に電話してみても、みんなサッカーやら、なんやら教室やらで忙しい。お金をかければ、ユニバーサルスタジオやら、SONYスタジオのツアーやら、手近に色々あるんだけど、この「お金をかけずに」ってのが、ネックです。SONYのツアーは一人$25、ユニバーサルは、年間パスを購入するにしても、初期費用がでかい!親子3人で、となると、結構な出費でございます。あひゃ~

 で、いきなり、さぁ、家を掃除するぞ!と、宣言して、思いっ切り息子に嫌われまくる母。引っ越してきて以来、2ヶ月半、未だに床に箱が置いてある状態なんだもの、狭い家が、一層狭いわい!整理してたら、息子が幼稚園の頃の、ハロウィーンの衣装なんかが出てきて、懐かしさに和む。
f0149869_9593735.jpg

バットマンが人気の年だったようです。

で、犬にかぶせてみました。
f0149869_101710100.jpg

嫌そうです。目つきが悪いです。かーちゃんなんか信用できね!と、でも言いたげです。

f0149869_10502739.jpg
 犬に嫌われたので、今度は猫にトライしてみました。ネットでよく見かける「被せもの猫」かわいいし… 被り物猫といえば、まず思いつくのは、ひこにゃんと、そのライバル、しまさこにゃんですな。現在、ひこにゃんの著作権を巡って、彦根市とイラストレーターの間で調整中だそうですが、せっかく人気も出たことだし、丸く収まって欲しいものです。
 ちょっと調べてみると、他にも、いしだみつにゃん、ひごにゃん、さばにゃんなどが居るそうで、私としては、黒猫で独眼流まさにゃんの登場を期待したい。何で黒猫かというと、自分の買っている猫が黒いので、黒猫が好きだから。でも、黒猫キャラクターはいないので、自家精製してみました。

パイレーツ・オブ・カリビにゃん
f0149869_1117450.jpg

おお、これはオモロイ!はまりそう…v(で、掃除はどうなったんだよ!?)
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-12 07:54 | 犬たちと猫

猫はミステリー

 今日は、ずっと曇り空で、小雨もパラつき、肌寒い一日でした。天気予報によると、明日からはまた、暖かくなるらしいのですが、年中小春日和みたいな気候に慣れてしまうと、ちょっと気温が下がっただけで、とっても寒く感じてしまいます。寒くなると、犬猫たちも人恋しさが増すらしく、特等席である、わに夫の膝の上を巡って、クロとサイモンの間で仁義なき戦いが始まります。
f0149869_14231338.jpg

 しかし、大概はサイモンがクロに追い出されるのだな。なにしろクロは、我家で一番の権勢を振るう猫姫様なのだ。

 猫にも、無口タイプとお喋りタイプがいるそうですが、クロは疑うことなきお喋り派。朝はまず「メシ食わせろ~!」と、にゃにゃーん攻撃、その後は、モーニングサービスを楽しむ野鳥の群れを捕まえたいと、裏庭へのガラス戸の前でにゃにゃ~!通りすがりには、必ず「にゃっ!」と声をかけていくし、時には、歩きながら小さな声で「にゃにゃにゃにゃ♪」とまるで歌うような調子のことも。私は猫と暮らすのは初めてなのですが、猫がこんなにお喋りだとは知りませんでした。飼い主に似たのかなぁ?我家のクロ姫様におかれましては、にゃ~お、にゃ~おと、何かを御所望のご様子なれど、不肖下僕には、姫様の御要望が何事か判断付きかねず、姫様は一層激しく「みゃみゃ~う!」と、何かをご訴えなさり続けるも、その御心を察することのない気の利かぬ下僕に業を煮やし、いきなりガブリエル!なんてことも。猫語、わかりません…(TT)

 その点、犬は判りやすいですな。外出たい、お腹すいた、散歩行きたい、撫でて、の4つで、十分事足ります。でも猫は、お腹も一杯なはずなのに、人の顔を見てみゃーみゃー大騒ぎ、ということが度々。クロ姫様、一体何をご所望か…
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-11 09:57 | 犬たちと猫
 サンタモニカ市立図書館主催、チェスのグランドマスター、Var Akobian氏を迎えての、デモンストレーションに行きました。アコビアン氏。とても23歳には見えませんが、いかにもグランドマスター!という雰囲気たっぷりです。デモが始まる前、参加者たちが自由にプレイしている時間中、なんか手持ち無沙汰っぽい様子で座っておられたので、話しかけてみると、気さくで、若息子に対しても「チェス好き?」ときいてくれたり、やさしいお兄ちゃんって感じでした。聞けば、7年前にアルメニアから移住してきて以来、一度も帰ってないそうな。今月末には、ロシアでのワールドカップで、カルポフと対戦するんだって。前回の結果は引き分け。うーん、期待高まる!

 まずは、レクチャーです。2007年度環米大陸チェス・チャンピョンシップで優勝した際のゲームを再現します。メモも見ないで。双方全ての手を再現しちゃうんだから、さすがはグランドマスターだ。頭ん中、どうなってるんだろ??
f0149869_0592857.jpg


 その後は、20人を相手に、同時に対戦するデモ。参加者には、小学校低学年くらいの子もいれば、この道数十年のおじいさんも。でも、見てると、子供達相手には、無駄な動きを混ぜたり、さっさとゲームが終わらないよう気を使ってるのです。ゲーム開始後、二時間半ほど経過して、ゲームは大詰めを迎えたのですが、それまでランダムに見えていた動きが、最終的には、かっちりと戦略に基づいていたことが明らかになります。双方、同じ数の駒が残っていても、グランドマスターのキングは、かっちりとポウンに護られていたり、対戦者の方が多くの駒を残していながら、実は残り駒同士が邪魔しあってキングが進退窮れない状態に追い込まれてたり…うひゃー!これを全部、最初から読んでたか!?!です。
f0149869_323587.jpg


 最後に残ったのは、中学生くらいの女の子。頑張れ、女の子!凄いぞ、女の子!!心の中で、大声援を送る私。結局は、グランドマスターが20人全員を打ち負かしたのですが、ここで衝撃の真実。最後に残ったのは、女の子じゃなくて、髪の長い男の子だったのだ…上の写真で小さく写ってる、青いTシャツの子が、その子。それでも、グランドマスター相手に大奮戦、実に天晴れ!なのに変わりは無いけど、あんまり悩まさないでおくれ…と、思った、わにオバサンなのであった…orz
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-10 21:50 | LAの日常茶飯事

こどもの夢

 今日も、若息子の小学校へ、コンピューター授業のお手伝いに。今日は、Wordのクリップアートの「職業」から、好きな絵を選んで、その絵についてのエッセーを書くのが課題で、コンピューター・クラスらしい内容。私はずっとPC派だったので、Macは使い慣れなくて、えーっと…と、画面上でマウスをくるくる探し物してしまうことも多く、子供達のほうがずーっと、ちゃっちゃと操作してる。それにしても、ボタンの無いマウスには、馴染めない…

 人気はやっぱり、お医者さんや、スポーツ選手。うちの若息子は、獣医さんか、考古学者で悩んでた。そんな中での、本日の大ヒットは、ロレンツォくん。彼が選んだのは「ダンサー」でした。僕は踊るのが大好きなんだ、だからプロのダンサーになりたいんだよ!だって。さすがは、LAの子や!オリーブ色の肌に淡いブラウンの瞳、カーリーなブロンドというエキゾチックな容貌の彼は、なかなかのハンサム君でもある。今のうちに、サイン貰っておいた方がいいかしらv

 でも、いきなり「配管工」を選んだ、アマンダ嬢も捨てがたい。ウケ狙いかと思いきや、「すっごく儲かるのよ~」だって。しかも、不況知らずだ!脚本家組合のストで、困った困ったしている多くの大人達も、配管工になっていればよかったと、思っているかもしれない。アマンダちゃん、渋い選択だぜ。
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-09 11:09 | 学校
 昨日もサンタモニカまでチェスしに行ったんですが、先週まではチェスした後、息子達と嬉しく楽しく、そこらで夕食を済ませてから帰宅していました。サンタモニカには、素敵なレストランが一杯v でも、夏時間の終わった今、トリ目な私には、夜の運転は危険極まりないので、暗くなる前に退散したのですが、高速に入る角を曲がると同時に、なんじゃ、この渋滞は~!?!と、叫ぶわたくし。

 もーね、高速道路に乗るまでのランプが既に、牛歩の歩み、ノロノロウイルス蔓延、もしもしカメよカメさんよ状態。しかし一旦入ってしまえば、もう引き返せないデンジャラス・ゾーン、ポイント・オブ・ノーリターン、渋滞のことを予想しなかった私が脳タリーン。
 なんだよ、これ、何なんだよ、何なんだよ!?と、ラジオを道路情報に合わせても、I-10に何か問題があるという情報は無いし、周りのドライバーは、何やら悟りの境地を開いた表情で、慌てている様子は無い。ってことは、これが世界のその名を轟かす、ロサンゼルスの通勤ラッシュってのですかぁ!?ハリウッド映画じゃ、混んだ高速を、バイクで逆走したり、でかいトレーラーで他の車を跳ね飛ばしながら爆走したり、はたまた全く動かない渋滞に辟易した人たちがいきなり車を置いて歩き出したりするのは、全くもって日常茶飯事なわけですが、そりゃ毎日、こんな事やってりゃ、そういう妄想も沸いて出るわなぁ…

 しかし、悟りを開くには程遠く、元来が激イラチの私に我慢が出来るはずも無く、次の出口で高速から退散。ここで既に20分以上経過。ちなみに、普段は家から、目的地の図書館まで、10分!一般道もやっぱ混んでたけど、少なくとも、道路両脇のお店を眺める楽しみはあります。おお、こんな所にYOSHINOYAが!とか、アメリカ版100円ショップな99¢ストアだ、今度来よう!とか、びっくりマークつきの発見が幾つかありました。途中で脇道にそれて、うう~、暗い~、見えないと、危ない状態ながらも、なんとかかんとか家に辿り着くまで、結局、一時間以上掛かりました。

 わに夫の会社は、家から近く、自転車で10分ほどの場所にあります。家に帰ってきて、服を着替えて、晩御飯食べて、メールなどをチェックしてると(夫婦揃ってインターネット中毒)、同じ時間に会社を出た人の「いま車からなんだけど」というメッセージが届いたりして、ほんと大変だって感じ。今の家は、お値段や学校区の評判にに加、わに夫のオフィスに近いことが大きな決め手だったのですが、これは大正解だったわ。
[PR]
by shiro_wani | 2007-11-08 15:40 | LAの日常茶飯事