いきなり大都会・ロサンゼルスに引っ越してきた田舎者主婦・わにのトホホ日記


by shiro_wani
カレンダー

<   2007年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 昨夜は強風で、夜中に停電になってアラーム装置がご乱心し、犬猫がコーフン。おかげでよく眠れなかった… 今日も朝から、どよ~んとした曇り空でしたが、負けずに息子達と一緒に、ジョージ・C・ページ、タールピッツ(タールの穴)博物館へ行きました。博物館周辺は、天然のタール(アスファルト)鉱で、今でも、タールがぶくぶくと湧き出ており、タールの沼で外気から遮断された遺骸が、大変に保存状態のよい骨格化石を作り出します。ここは、世界最多の氷河期の化石発掘現場でもあり、毎年夏の二ヶ月間には、今もなお発掘が行われています。今年だけでも、新たに2000近くの化石が掘り出されたという、正に化石の宝庫。それらの中でも特に注目に値するものを展示したのが、この博物館で、現在発掘中の、発掘穴91も見学できます。判り難いけど、右下とその左上、赤い枠の中に化石の一部が出ています。
f0149869_1358832.jpg


 博物館では、たまたまツアーが始まったところだったので、ちゃっかり便乗しました。フランス語訛りの学術員さんの後について、主な展示の説明を受けます。現存の種よりもずっと大きなラクダの化石を前に、実はラクダは北米起源で、アフリカ、アジアへ渡ったのが今のラクダ、南米へ渡った種がアルパカ、リャマになったとか、セイバータイガーは実は虎じゃなくて猫だとか。巨大なコロンビアン・マンモスの完全骨格化石は、実は牙だけはレプリカで、骨と違って象牙はタールの中では上手く保存されないんだって。では、この象牙レプリカは何処から来たかというと、テキサスの洞窟で発見された同種のマンモスの化石のコピーだとか。

 今までに発掘された化石の中でも、多いのは狼のもので、4000以上が出ているらしい。なにしろ群れの動物なので、リーダーがタール沼に突っ込むと、グループみんなが突っ込んじゃうそうな。あほ…人間の骨は今のところ9000年前の若い女性のものが一体出ただけ。でも、これからの発掘で、まだ出てくる可能性もあり?数多いLAの博物館の中ではマイナーだけど、思った以上に、充実した博物館でした。ところで、おたくなわに親子が氷河期といえば思い出すのは、映画「Iアイス・エイジ」です。
f0149869_14115661.jpg
 マンモスのマニー、セイバータイガー(実はセイバーキャットだけど)のディエゴ、ナマケモノのシドが、母親を失った人間の赤ん坊を父親に返そうとする、氷河期動物版スリーメン・アンド・ア・ベイビー。劇場に見に行ったとき、前に座ってた、いかにもその筋の男性三人組が、ラストでは涙していたわ(遠い目)。

 この映画では、お調子者だけど憎めない、ユニークな姿のシド、実は虎サイズのディエゴよりでかく、すげえ爪を持つゴツい生き物であったことが判明。全然かわいくない!今良く見直すと、確かにデカいわ、シド。骨格化石などから、その姿を再現した像と息子達を比べると、映画の中の赤ん坊が実は巨大だったことが暴かれました。昔は、何もかもが大きかったのね~(んな分けないだろ!)
f0149869_14411965.jpg


 隣接の、LA郡美術館のカフェでおやつして、ミュージアム・ショップのぞいて、家路へ。美術館の売店は、全国規模でお店を出してるメトロポリタンはじめ、すっごく素敵なオリジナル商品が豊富なのだけど、ここのは少しガッカリだったわ。私にアートの楽しさを教えてくださったMさんに送るための「Fear No Art」カンペン・バッジだけ買いました。駐車場へ向かう途中、芝生にタールが湧き出ているところを若息子が見つけ、早速指を突っ込んでみる。わーっ!!!

 手を拭くまでどこも触っちゃダメ!きゃー、車触るな!服触るな!とわめく母に、「タールはお酢で洗ったら取れるって、あの学術員さん言ってたよ」と、しらっと言うクールな上息子。そういう問題じゃ無いんだいっ!
[PR]
by shiro_wani | 2007-12-20 09:01 | LA名所紹介
 北カリフォルニアに住む、わに夫の叔母夫妻が所用でLAに来るので、日曜日のランチに招待したよ~、と、わに夫からのお知らせ。へぇ、どこでランチすんの?と、聞く私に、家に招待したと、のうのうと抜かすわに夫。なんですとー!?!と、顔面蒼白で、背後にベタフラッシュを背負うわたくしである。この日記サイトでも度々書いている通り、日頃ぐうたら主婦の私は、毎度毎度、懲りもせず、お客様のたびに、大慌てで家を掃除する羽目にはまるのですが、今回も全く同じ。後悔は後にも立たないが、役にも立ってない、学習能力欠如な私…orz

 今日から決死の覚悟で掃除して、ランチのメニュー考えて…カナディアン・ベーコンとブ゙リーのキッシュにサラダ、コーンブレッド辺りなら見た目も良いし、無難かね、と、ぶーぶー文句をたれる息子達を無理やり後部座席に押し込んで、ファーマーズマーケットにカナディアン・ベーコンを買いに行く。なにしろ、いいベーコンさえ使えば、味付けに失敗は無いという確実メニューなのだ。ファーマーズ・マーケットは、LAの観光名所にもなっているけど、うちからは、高速が近くに通ってないけど、主要道路を真っ直ぐ行けば到着という、便利そうで不便な場所にあります。大通りって、どれも混んでるし、信号多いし…
 
 運転は普通に嫌いだけど、LAの運転はもっとキライかも。テキサスでは、真っ直ぐな高速を100mpgで飛ばす楽しさがあったし(テキサンは距離感もスピード感も通常ではない)、コロラドでは、うねる6-7%の傾斜の山道を走るのはそれなりに楽しかった。でも、ここじゃ、渋滞に巻き込まれてばかりなんだもん。高速でも、せいぜい75mpg程度しか出せないし、路上駐車の車やら、自転車乗りやら、色々気を使います。私には、日本の道路を運転は絶対にムリ!

 そして、今のプリウスの燃費と足回りの良さに大満足ではあるのだけど、やっぱラム君のパワーが恋しくもあります。アクセル踏み込んだときの、一呼吸置いてからの「よっこらしょ」と、きてからのパワフルな加速や、車体の重さゆえの安定感…隣でノロノロ運転してるマスタング、ちょっと羨ましいかも、とか、思ったりして…でも、荒馬よりは、やっぱ悠然たる大羊がいいな、私は…うん。
[PR]
by shiro_wani | 2007-12-19 15:58 | わにの一日

雨が降ります、雨が降る

 今日は一日中、ゲームさせないんだからね、お出かけよっ!と、意気込んだのも空しく、朝から雨だよ、雨。LAは、この季節が雨季…とは言っても、実際に雨の降ることは少ない、なんて言ったの、誰だよ!?!それとも、こういう日に限って滅多に降らない雨が降るほど、わたくしの日頃の行いが悪いと、でも言うのでしょうか?短気・トリ目・注意力散漫の三点セット装備の私にとっては、雨で視界が悪い、唯でさえ混んでいるLAの道が一層混む、のダブルアタックで、極力運転を避けたい状況に。本当は、Gardenaの日系マーケット(おっきくて、品揃えも凄いらしい)か、博物館にでも行こうと思っていたのに、遠距離を運転するの、イヤ。こないだの雨の日には、対向車にサイドミラーぶっつけられて割られたし…(ちなみに、この車は、私のだけではなく、私の後続車のサイドミラーもぶち壊して逃亡した。きーっ!!)

 だからといって、一日中家に居るのもつまらないので、近場の映画館に映画を見に行くことにしました。さすがはLA、映画館は沢山あります。うちから歩いていける場所にもシネコンがあるのですが、ここは子供向けの映画は滅多に上映しない、大人の劇場…と、いってもX-Ratedじゃないですよ~!ワインバー付で、ソファにゆったり座って映画を楽しむことのできる劇場なんです…って、言っても、実際行った事はないんだけどさ。で、センチュリー・シティーの劇場で、息子達が選んだのは、「アルビンとチップモンク」でした。ウソだといって…orz
f0149869_1119233.jpg


 ねぇねぇ、「アイ・アム・レジェンド」は?ウィル・スミス、かっこいいよぉ!「ライラの冒険」は?「ベオウルフ」は???と、アセる母など意に介さぬ、お子様な二人…と、思っていたら、実は上息子は、GFに「(チップモンクのうちの一匹)サイモンに似てる」と言われたので、気になってたらしい。隅に置けないヤツめ。ともあれ、この映画、日本ではあまり馴染みはないけど、アメリカでは1950年代から続いている、三匹の歌うシマリスの話で、実写+CGなのですが、CGのシマリス達が、全く違和感無く画面に納まっているのに感心します。「リジャー・ラビット」の時代から、凄い進歩だ。全く持って古典的なストーリー、かわいいシマリス、歌も楽しめたけど、やっぱ、お子様向け限定の感はあり。でも、アメリカ人にとっては、馴染み深いキャラなので、彼らがリアルに動き、活躍するのは、見ても楽しいものなのかも。ゲゲゲの鬼太郎、リメイクのたびに気になってしまうのと同じ?ところで、ヤッターマンが実写化とか!?!ドロンジョさまを日本人が演じるなんて、想像付かないんですけど…
[PR]
by shiro_wani | 2007-12-18 05:34 | 本、映画

何鍋にしようかなぁ…?

 冬休み、第一日。母が、クリスマスプレゼントの発送最終チャンスを目前に、気が触れた様に走り回ったり、包装したりしているのをいいことに、息子達は朝からゲーム三昧。母ちゃん、今にキレるよ。でも、わに夫が、年度末やら、会社関連のパーティーやらで、晩御飯パスの日が多いのが、せめてもの救い。子供と私だけなら、晩御飯、簡単でいいもんねv

 この季節は、アメリカでもご他聞に漏れず、年末パーティーが多いのですが、夫婦同伴のお誘いは、引っ越してきたばかりで、ベビーシッターもいないんで、という理由でパス。若い頃は、普段より着飾ってのお出かけも楽しかったけど、このトシになると、亭主の仕事関連の人間関係は、力一杯全力で逃げたくなってしまいます。もう少し年をとると、また逃げ道がなくなるので、今がチャンスの全力逃亡。パーティーといえば聞こえはいいけど、要は忘年会に、他なりません。英語だから、「Party」なだけで、そのココロは全く同じ。鍋と日本酒、ビールが、立食ビュッフェとシャンパンに変わるだけで、わたしゃ正直、鍋と冷たい生ビール、枡酒の方がずっといい…と、書いてたら、しみじみと、日本が恋しくなっちゃいます。よし!今夜は、鍋にしよう!息子よ、日系スーパーに出陣じゃ!(酒とビールと、鍋の材料買いに行くのv)
[PR]
by shiro_wani | 2007-12-17 15:24 | わにの一日

Wii、凄いよ、Wii…

 昨夜は深夜手前に無理やり寝室送りにした12歳Geekトリオ、今朝は遅くまで起きては来まい、ふっふふvと、踏んでいたのに、6時半には起き出して「Can we play?」ときた。Geek power、侮りがたし…orz そう朝っぱらから、ゲームばかりさせてたまるかと、朝ごはんの後、裏の空き地でアーチェリーなどさせていると、次々とお迎えが来て、お友達も帰り、息子達は名残惜しそう。どうせ、また直ぐ遊びに行くのに(笑)。

 ところで、近所のBest Buy(全米展開の家電屋さん)に今朝、Wii 入荷との情報を仕入れたわに、8時開店の1時間前には、わに夫を叱咤激励して追い出したものの、なんと早朝4時半には、整理券を配り終わったんだって。こりゃ、ダメだ。アメリカでも、Wii Fitが出たら欲しいのに~!それまでには、ゲットしてやる!(掌ぐっ!)
[PR]
by shiro_wani | 2007-12-16 10:22 | わにの一日

オタクの友達はオタク

冬休みだー!と、言うわけで、上息子のお友達二人が、泊りがけで遊びに来る。

 二人とも、自分のノート型パソコン持参で、一晩中、一緒にゲームをしまくろう、という、世にもオタクな企画なのだ。そうはさせるか!と、母は、ねぇ、映画見に行かない?「アイ・アム・レジェンド」は?ゾンビいいよ、ゾンビ(どこがや?)とか、「ゴールデン・コンパス」は?教会批判だぜ、ひひひ、とか、「ベオウルフ」も見たいな、3D・IMAX行こうよ、マッチョだぜ、アンジェリーナ・ジョーリーだぜ、とか、「フレッド・クラウス」で笑おうよ、とか、誘惑してみたのだけど、てんで乗って来ない。映画見に行きたかったのに…(結局、それか!)

 で、夕食にピザ食べ終わって、今も隣の部屋で騒いでますが、会話の内容が、ゲームのことやPCのことばかり。お前、Vistaじゃん、使い心地どう?うーん、やっぱ立ち上がりが重くてさ、XPで正解じゃね?とか、母さん、アンタ達のあまりのGeekっぷりに、のけぞりそうだよ。12歳の男の子が三人揃って、もちっと色気のある話でも出てこんものかねぇ…(母ちゃんが隣の部屋で耳ダンボしてるからだ、というツッコミは無しの方向で宜しくお願いします)
[PR]
by shiro_wani | 2007-12-15 20:29 | ああ息子

叫ぶ、わに

 今日で、LAの公立学校は冬休みに突入。3週間の長~い、お休みです。うわーっ!と叫んで、地平線まで走り去りたい母である。あの、ムンクの「叫び」ね、正にあの状況。
f0149869_1411285.jpg
 寒くも無ければ、雪も降らないのに、なんで「冬休み」が必要なのだ!?こんなの全然、「冬」じゃないやん!!休みがむやみやたらと長いのは、アメリカの学校の特徴ともいえますが、流石に昨今では、家庭への負担に加え、3ヶ月もの間、学校生活から離れることで、子供は適応に時間がかかり、多かれ少なかれ勉強にも支障をきたすことが確認され、長い夏休みを見直そうという動きもあるようです。多分、かつては、夏休みは農業や下の子の面倒など、忙しい家の手伝いの為にあったのだろうと思いますが、夏時間同様、現代社会に残った過去の遺物といった感があります。でもさ、ヤード法とか、銃保持とか、アメリカ人って、なかなか馴染んだ古いものから脱却できないんだよね。そのワリに離婚率は高いけどw

 さて、冬休みなんだが… わに家に、休み期間中の予定は皆無。連日連夜、息子どもの「Can I Play?」を聞いて過ごさにゃならんかと思うと、「叫び」バージョンアップ版になってしまいそう。
f0149869_14114345.jpg
 ゲームばかりしとらんと、ちっとはお手伝いもして欲しい…
 明日の夜は、上息子の友達が泊りがけで遊びに来るので(早速かよ…)、今日は、掃除したり、買出ししたりと、結構ばたついていたのですが、なんだか、いつもの要領悪さに輪を掛けたようで、買い忘れしたり、掃除したばかりの床に、いきなりビール瓶落っことして割ったり…何やってんだー、ぢぶんー!!!(怒)な、一日でした。キッチンがビールくさいよ、ママン…(TT)

 あっという間に、お迎え時間になってしまい、若息子を迎えに行くと、お友達のロビン君と今生の別れを惜しんでいるところだった…って、アンタ達、大げさな。うちの若息子と、ロビン君は大の仲良しで、朝など、ロビン君が現われると、若息子は嬉しくてぴょんぴょん飛び跳ねてしまいます。若息子が風邪で休んだときは、ロビン君は休み時間に余りに手持ち無沙汰で、その日の宿題を全部済ませてしまったんだって。若息子が木の葉を取ろうとしても届かなくて、跳ねていると、背の高いロビン君が取って、若息子に渡してあげます。なんて微笑ましい。まるで、チッチとサリーのような・・・って・・・をい!ちょっと待て!!
f0149869_7404.jpg

[PR]
by shiro_wani | 2007-12-14 10:06 | ああ息子

こたつ小宇宙

 昨夜、遅くまで「のだめ」読んだら(18巻全部二度読みした)、さすがに今日は一日中眠かった…コタツに座った途端に、そのままガーッと寝てしまいそう。子供の頃、風邪を引くからコタツで寝てはいけません、と、母に言われたけど、コタツで転寝ほど贅沢なことがあるかしら?魔性の女という言葉があるけど、コタツってば、魔性の家具だわ… しかし、コタツの周辺、半径、私の腕の長さが、エライ事になってますよ。仕事やクリスマスカード発送に必要な道具一式、息子の宿題、漫画に新聞、その他もろもろが全て、寝室の片隅のここに収まっている!そして、こたつ亀と化した私に、べったりくっつく犬二匹。わに夫はカーテン閉めて(わに家のベッドは天蓋付)、その存在を無きものにしています。でもさ、ちょっとそれ、くるしんじゃね?と、きいても、聞こえないフリしてるw

 しかし、このド忙しい時期に、昼寝もしていられません(ちぇっ…)。プレゼントの発送に郵便局行ったら、旧ソ連のウォッカの配給かと思うほど長い列(いや、行ったことないけど)で、延々待たなきゃならないし、スーパー行っても混んでるし、小学校はイベント目白押しだし。まぁ、ホリデー・シーズンだから当然なんだけど、この時期にコンサートやら、パーティーやら毎日やっても、ボランティアが少ないのは仕方ないことではないかと思う。ぐうたら主婦の私でさえ、アタフタしてるんだもの。
[PR]
by shiro_wani | 2007-12-13 11:39 | わにの一日
 今日は、パサデナの近くに住むミミさんを訪ねて、近くの中華料理のレストランでランチをご一緒させていただきました。もちもちのシューマイ、ぷりぷり餃子、にんにくのきいたインゲンの油炒め、あっさり麺とこってりの骨付き肉のスープ…すっごく!!!美味しくて、幸せでした~(ほんわかv) ほんと、美味しかったよぉ…
 周りは、まるでリトル・タイワンといった雰囲気で、漢字の看板を上げたお店が一杯。このレストランも、沢山席があるのに、12時前にはもう満席で、しかも中国人ばかり。本場のお味なのね。台湾人の義妹を連れてきてあげたいわ。

 そしてミミさんのお宝、「のだめカンタービレ」のコミックス18巻まで、一気に借りてきましたよ!帰ってきてからは、ひたすら読みふけり。昨日、たくさんカレーを作っておいて良かったわぁ。今夜はカレーうどんでいいやw ドラマも見せてもらったけど、私は漫画のほうが好きかも。アニメも見てみたいな。

 LA地区でも東のほうのミミさんのお宅は、閑静な住宅地の中の、秘密の隠れ家のよう。うらやましい~!紅葉がとても綺麗でした。12月なのに、紅葉。LAには、冬がなくて、春夏秋しかないみたい。ミミ家の愛犬・スコティッシュテリアのクレアちゃんも、いっぱいナデナデできて、嬉しかったわ。まるで、ぬいぐるみのようでカワイイの。帰ってきたら、うちの犬達のチェックが厳しかった(笑)。うちの辺りは、便利なんだけど、やっぱ街中なので雑然としています。郊外の、緑の多い場所に憧れますが、わに夫の通勤を考えると…しばらくは町住まいだなぁ…
[PR]
by shiro_wani | 2007-12-12 17:30 | わにの一日
 今日は、上息子の12歳の誕生日。注文しておいたケーキを取りに行ったり、上息子の好物・カレーを仕込んだりといった準備に加え、クリスマスに間に合わせる為に郵便局へ行く等、予定が一杯。でも、朝一番の予定は、小学校のインターナショナル・フェスティバル(IF)特製イベントTシャツのデザインコンテストの、お知らせプリント案に校長先生の承認をもらい、450部コピーの後、エントリー用の台紙と、説明書きをホッチキスで留めて、クラス毎に分け、子供達が持ち帰ることが出来るよう準備すること。実は金曜日の朝に、既に学校の事務所にドラフトを預けたので、昨日中に済むと思ってたんだけど、「プリント類の承認は3日間の方針です。明日また来てください」と、言われたのだ。ホンの十行ほどのプリント(しかも、殆ど去年のと同じものw)をチェックするのに、なんで三日もかかるかね?官僚都市ワシントンD.C.に十年住んで、世界的官僚主義の親玉みたいな某機関にも勤めたけど、なんで、複雑な組織でもない小学校が官僚ぶりっこするんだか…

 で、今朝、若息子を送って行ったついでに事務所に行くと、校長まだ来てない。スーパーへ買出しを済ませてから、また行くと、プリントに学校名を入れろという。んなもん無くとも、自分の学校の名前くらい生徒は知ってると思うが・・・と、思いつつも、学校名を入れて、また持っていくと、校長PTA会合中。ケーキ取りに行って、郵便局行って、にんじん、じゃがいも、たまねぎの皮むいて肉と一緒にカレー粉で炒めてから学校行くと、やっと、これでOKという。それも、まだ文句言いたげなのを、事務長さんがとりなしてくれたのだ。ここから数時間かけてコピー、裁断、ホッチキス…なんと、この学校には、電動ホッチキスが無いんだそうで、一つ一つ、手で、かっしゃん、かっしゃん、ですよ。10万ドルも寄付金集めておいて、電動ホッチキス一つ買う金もないんかい??やっとギリギリ終業時間までに、各クラスの郵便箱に入れることが出来ましたが、なんか右手がガクガクだよ~(TT)

 チェスクラブのお知らせなんか、校長が自らコピー機回してプリントしてくれた、コロラドの学校とは、随分な違いです。そんなコロラドの学校は、州内でもトップクラスで、卒業生の行く同地区の公立高校から毎年、ハーバード合格者を数名出してましたが、校長先生を筆頭に、学校全体が、先生と父兄との協力関係を大切にしていました。あのコロンバイン高校と同じ学校区だけに、安全コードが行き過ぎの感もありましたが、学校区全体で、家庭と学校、地域の連携を深める努力をしていたのは、とても評価できると思います。

 ま、あとは来年になってから、コンテストのエントリーを集めるまでは、特にする事もなし。カレーを作って、調整の終わったお誕生日プレゼントの自転車を取りに行き、楽しいバースデーの夜を過ごしました。ユダヤ系のケーキ屋さんのチョコレートケーキ、甘さ控えめでアメリカ~ンすぎず(笑)、おいしかった。今度は、あのベーカリーで、エクレア買ってみようv
[PR]
by shiro_wani | 2007-12-11 09:45 | 学校